雨のち晴れ

システム:ウタカゼ GM:lilac


こんにちは。新二回生のlilacです。

今回は「ウタカゼ」というシステムです。

舞台は人類が滅びたあとの、動物達や小人達がほのぼのと暮らす世界。小人の勇者「ウタカゼ」となり、動物達の心に取り付く「悪意」を打ち倒して、皆に希望を与えていく。そんな世界観です。

リプレイ風味にいってみたいと思います。

編集の都合上、若干の捏造・誇張表現を含みます。ご了承ください。

シナリオ「雨のち晴れ」

PC1 アノクス(淀川由良) パーティのリーダーにして騎乗が得意な剣士。
PC2 ワンカ(AG) 彼の歌はあらゆる生物を癒す。虫が苦手。
PC3 パセリ(鯖の味噌煮) 薬草に詳しい少女。パチンコスナイパー。
PC4 ロペ(ふぇる) 親友が鷲に攫われた。空の彼方に彼がいると信じている。

ある日、ウタカゼ見習いであるPCたちは師匠に呼び出される。
師匠:貴方がたに初めての使命を言い渡すわ。大きな鷹に襲われた村を救ってきてほしいの。
ロペ:動物と友達になることは可能か?
師匠:ええ、貴方がたが希望を分けてあげれば。
ロペ:ふむ……鷹に取り付ける鞍を持っていきます。
一同:(空の彼方に連れてってもらう気満々だ……!)
GM:(待ってこれ偶然なの!?展開読まれてるの!?)


一同は村へと向かう。
土砂崩れ跡を乗り越え、そこに落ちていた鷹の羽を訝しみつつも先に進む。


GM:さらに進むと、小雨が降ってきます。
ロペ:雨宿りできる場所はないだろうか……
GM:傘になりそうな植物はありますが、鷹の雛が雨宿りをしています。
ロペ:仕方ない。他の場所に移ろう。
アノクス:木のうろがあったぞ。
パセリ:みんなでそこに運ぼう!


雛:[一週間ほど前に兄が土砂崩れに巻き込まれて羽を怪我してしまった][それから姿を見ていない]※動物はテレパシーが使える
ロペ:一週間も孤独だったとは、ひもじい思いをしたことだろう……
アノクス・パセリ・ロペ:みんなでご飯(ミミズ)を取ってきてあげよう!
ワンカ:えっ
GM:(待って判定うまくいきすぎ……)えー、大漁(?)ですね。ミミズパーティです。雛も喜んで食べています。
ワンカ:(虫怖い虫怖い虫怖い虫怖い!!!???)


パセリ:この雨、悪意が混じってるよ……それにあの雲。真っ黒なところがあるでしょ。禍々しい気配を感じる。
ロペ:彼処に悪意の精霊がいるのか……


そんなこんなで村に到着。
怪我をして意気消沈したカモ達に一同は心を痛めつつ、村の中央を目指す。
本来なら歓迎されるはずのウタカゼたち。だが、PC達と雛(カルナと命名)を見た村人達は家へと引きこもってしまう。
一同は不思議に思いつつ、また少しがっかりしつつ、村長と話すことにした。


アノクス:鷹が襲ってくるということだが……
村長:その通り、鷹がカモ達を襲うのです。
ロペ:それはそうと、村人達にも何かあったのですか?
村長:ここ二週間、太陽を見ていないからでしょうか。村人達はちょっとしたことでも不安に駆られてしまいます。
ワンカ:それなら村人達を歌で励ましてあげたいな。


というわけでコンサート開催。ワンカの力強い歌声、アノクスとロペの鷹の舞を楽しんだ村人達は元気を取り戻し、ウタカゼたちに惜しみない拍手を贈ったのだった。
足がもつれて転んでしまったパセリにも、笑顔で手を差し伸べていたことだろう。


GM:と、その時。赤い目をした大きな鷹が、二本の足で跳躍しながら村へと向かってきます。
ワンカ:あれ、カルナのお兄ちゃんじゃないか?
ロペ:カルナを屋根の上に!おーい、弟は無事だぞー!
GM:鷹は一瞬悲しげな目を向けただけ。カモたちに視線を移し、つつきまわしています。
一同:やはりウタカゼの力で悪意を倒すしか……


パセリ:悪意よー出て行け!狙い撃ちっと!
ワンカ:悪意なんかに負けないで♪
ロペ:これで最後だっ!
アノクス:良くやったぞみんな(殴れず)
GM:(もう少し悪意増やしておけば……しかし希望あげるの辛くなるしなぁ)


鷹:[羽が痛いよ……飛べないよ……]
パセリ:でも、怪我はもう治ってるみたい。
アノクス:飛び方を忘れてしまったのか?
ワンカ:カモさんたちに手伝ってもらおうよ!
ロペ:鷲の飛行なら心得ているぞ。
一同:もう一度飛べるよ!一緒に頑張ろう!


PC達の思いが、村人の思いが、そして鷹自身の「飛びたい」気持ちが一つになる。鷹は目を輝かせ、大空へと舞い上がった。


ロペ:では鞍を乗せて。
GM:ですよねー。
ワンカ:鷹さん鷹さん、あの黒い雲まで飛んで行ってくれるかい?
鷹:[何処までだって飛んでみせるよ]
ロペ:ときに鷹殿、空の彼方に鳥たちの住む国はあるか?
鷹:[見たことはないけれど、あるかもしれないね。行ってみたいな]
PL一同:(優しい反応だ……)


GM:鷹は風を切って飛んでいく。強い風が吹いていて、しっかり捕まっていないと飛ばされてしまいそうだ。
ワンカ:飛ばされたーーっ!?(具足に足が引っかかる)
アノクス:ワンカ、大丈夫かっ!掴まれ!
ワンカ:びっくりしたぁ……ありがとう……
GM:(友情だ……)さて、鷹は雨雲の中に入っていく。赤い雷がそこらじゅうで恐ろしい音を立てているよ。うまく雷をすり抜けないと。
アノクス:任せろ。鷹さん、こっちだ!
一同:リーダーかっこいい!


PC達は真っ黒な雲へと辿り着く。
あまりにも濃い悪意のために雲が固まり、降り立つこともできてしまう。
そして、中央には全身真っ黒な巨大な悪意の塊。顔は猿、体は狸(中略)そう、鵺。雨と雷を操る悪意の精霊だ。
鵺は手下を二体作り出し、襲いかかってきた。


アノクス:チャージ攻撃だ、助走をつける!
パセリ:それなら、手下は撃ち抜いておくよっ
ワンカ:やった、一体は倒した!
ロペ:あと一体、落としたい……クリティカルコール!


クリティカルコール。
龍の力を借りて通常以上の力を発揮する、ウタカゼの特殊能力なのだが、


ロペ:リロール
ロペ:リロール
ロペ:リロール……死ぬ
GM:(愉しい)


いかんせん命中率が下がる。そのため身を削って判定をやり直しまくる必要があるのだ。


ロペ:やった、これならいけるぞ!
GM:手下は塵となって消えました。では鵺の攻撃。雷を呼び寄せ、皆さんを四方から襲います!
アノクス・ワンカ・ロペ:ぎゃーーっ!?
パセリ:みんな、まだまだだよっ!私達なら必ず悪意に勝てる!希望を捨てないで!!
ロペ:そ、そうだっ
ワンカ:僕たちは負けないよ……
アノクス:友情が、希望がある限り!


アノクス:さあ、反撃だ!鷹に乗って急接近、鵺に剣を突き立てる!
ワンカ:僕の歌は癒しの歌!悪意なんて吹き飛ばしてやる!
パセリ:みんな仲良しがいいんだ!村の人達の笑顔を奪わないで!
ロペ:太陽を、大空を返せっ!
雷の痺れにも負けないPC達の攻撃に鵺はぼろぼろと崩れ、少しずつ光となって消えていく。ウタカゼの力によって、悪意は滅びたのであった。


ロペ:あれ……これってもしかして
ワンカ:足元崩れるやつじゃ……
一同:鷹さん、早く!早くぅーー!!
GM:落下しそうになった皆さんを間一髪ですくい上げ、鷹は大空に舞う。そして黒い雲が消えて空に虹がかかる頃、村人達の歓声と笑顔に迎えられて、地上に降り立つのでした。



☆おまけ☆
GM:さて。カルナは少しロペに懐いたようですね……
ロペ:よしよし、僕と来るかい?一緒に暮らして訓練を積もう。
アノクス・ワンカ・パセリ:(こいつ……手なずける気だぞ!?)
ロペ:今のうちから、友情を深めていかなきゃね(にっこり)
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks