おわらないよる

システム:ご近所メルヒェンRPG ピーカーブー GM:AG

絶賛夏休みを謳歌中の2回生マソバソアソです。
9月9日に行われた関大交流会1部でのピーカーブーのセッションレポートです。
ピーカーブーは、「イノセント」と呼ばれる、お化けが見える小学生と、「スプーキー」と呼ばれる、イノセントと契約したお化けのペアになってご近所の事件を解決する、といったシステムです。イメージは妖〇ウォッチ的な。

PC紹介
PC1:須羽ステファン (PL:マソバソアソ(京大))
イノセント。スウェーデン出身のハーフ。IQ200で算数が得意。

PC2:オーディオ・テクニカ (PL:Y(京大))
スプーキー。PC1のペア。木製のヘッドフォンのお化け。音痴。

PC3:三葉しおり (PL:Y(関大))
イノセント。学級委員長で姉御肌。走りこみと筋トレを欠かさない。

PC4:ウツロイド (PL:N(京大))
スプーキー。PC3のペア。六法全書のお化け。筋肉信者。
夏休みも終わって9月の登校日。PC達も登校し、宿題を提出する。しおりは無事提出できたが、ステファンは算数の宿題を無駄に難しく解いてしまい、先生に再提出を命じられてしまう。そんな中、周りを見回すと、ちらほらと休んでいる生徒や、居眠りをしている生徒が。中には枕を持ち込んでいる生徒までおり、先生に没収されてしまっていた。みんな夏休み気分が抜けていないのか・・・

授業後、しおりは妙な噂を聞く。何でも、今日休んでいた生徒たちは、寝坊が原因で休んだというのだ。それを聞くと、クラスメイトのカイトくんが何か思いつめたような顔をして走り去ってしまう。しおりが追って話を聞くと、先日裏山で遊んでいたときに、投げたボールが当たって古いほこらを壊してしまったらしい。そして、「封印を解いてくれてありがとう。お礼に終わりのない眠りを与えてやろう」という声を聞いたらしい。これは何かあるに違いないと、ウツロイドが現地で調査するが、よくわからなかった。ステファンたちと合流し、もう一度調査すると、このほこらは、はるか昔に羊の妖怪が封印されたほこらで、現代では再現できないような強力な封印がなされていたらしいということがわかった。

その後、妖怪の正体を調べるためにPC達は図書館へと向かった。図書館で資料を調べると、羊の妖怪は「数え羊」という妖怪らしいとわかった。数え羊は、たくさんの足と頭を持つ羊の妖怪で、頭の数を数えていると寝てしまい、寝た人の魂をとってしまうという。また、他に「夢見枕」という妖怪の情報も得た。夢見枕は枕や布団にとりつき、悪夢を食べて取り除いてくれるという。

夜、ステファンはねむけ(バッドステータスのようなもの)を取るために眠ろうとするが、なぜかいつもより深く眠りにつき、逆にねむけが増えてしまう。翌朝、学校へ行くと、担任の先生の姿が見えない。どうやら何らかの理由で休んでいるらしい。担任のいない騒々しい学校生活を終え、放課後、職員室を調べると、担任の先生が休んでいる理由は寝坊である事、昨日生徒から取り上げた枕が職員室にないことがわかった。ウツロイドが町で他のお化けに話を聞いて回ると、妖怪夢見枕が最近数え羊にそそのかされて悪だくみをしていること、数え羊はまだ力が回復しきっておらず、こちらの世界に出てこれていないことがわかった。

寝坊で休んだ先生にも妖怪が関わっていると踏んだPC達は先生の家へ。大家さんに頼んで中に入ると、真っ暗闇になっており、カーテンを開けてもなぜか明るくならない。部屋では先生が布団にくるまって寝ていたが、魂を取られて無気力になってしまっていた。枕が怪しいと考え、床にたたきつけてみると、枕、掛布団、敷布団に目玉が浮かび、妖怪夢見枕が姿を現した!ねむけに襲われながらも夢見枕を撃退してPC達が話を聞くと、人を夢の世界に送ったら代わりに夢を好きなだけ食べていいと数え羊に言われてこのようなことをやっていたと言われる。数え羊のいる夢の世界にねむけを増幅させずに行くには、夜に羊を数えればいいと分かった。

夢の世界に殴り込む前に、しおりの筋肉を活かすためにもとPC達はおこづかいを集めてバットを購入した。夜になるまで互いの夢を語り合った後、羊を数えてついに夢の世界に突入した。夢の世界の様々なトラップを潜り抜け、数え羊の前に。オーディオが二人のイノセントを守りつつ、ウツロイドが支援、そしてステファンの計算としおりのバットで数え羊をしばき倒したのだった。いったん力を失った数え羊はしばらくおとなしくなり、町は長めの夏休みから目を覚ましたのだった。
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks