異種族家族

システム:EarthDawn GM:H

 追いコン一部に打たれた。
 EarthDawnの異種族同士の関係を扱った(と思う)シナリオ。

 個人的には「暴れん坊の妹」というのは新傾向ではないかと思うのですが、どうです佐々木さん?(←誰だよ)
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

Osaka Mermaid Story 〜浪華仁侠血風録〜

3月26日 非公式 1部 システム:レレレ<註1>

タイトルだけで分かる人には分かるが、コミック『瀬戸の花嫁』(著:木村太彦)が元ネタ。舞台を大阪に変えたパロディを、深夜三流俗悪映画のB級テイストでやってしまおう、というのが今回のコンセプト。
斬新なのは、まず『瀬戸の花嫁』ドラマCDの第一巻・第二巻を全員で聞いてからシナリオに入る形式。

元ネタに通じたGM及びPL5人(うち1人は全くの飛び入りだったが、部室に来てしまったのが運のつきで巻き込まれた)で行われた。
なおGMがドラマCDを、私が原作コミック1-6巻を用意した。
続きを読む>>
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

メキシカンマフィアと懲りない面々。

4月16日 2部 システム:ガンドッグ GM:katala

今回用いたサプリメント、「ワイルドライフ」
ガンドッグ(=傭兵)以外にも、賞金稼ぎやエージェント、犯罪者や暗殺者などの多彩な職業が選べるように。
ガンドッグPCのみだと、結局は計画どおり敵を掃討するキリング・ハウスになりがちだったが、これを使えば色々と幅が出せるのだ。

もう、ハック&スラッシュだけの貧弱なシナリオとは呼ばせないぜ。

**
続きを読む>>
感想 > その他 | comments (2) | trackbacks (0)

惑星を破壊する方法

 5月7日 2部 システム:スターレジェンド GM:ぴろき

 今回の私のPCは傭兵船団の女リーダー(ただし本体はチップ)。頼りになる相棒の副官がとある星での仕事の最中、突然いなくなってしまい彼女を探すためにその星へと降り立つところからシナリオが始まりました。

 まぁ、いろいろあったわけですが、なんと敵勢力は惑星を破壊しようとしていいることが判明。でも、どうやって?敵のアジトに行ってびっくり。そこにあったのは、惑星破壊弾

 ドリルで岩盤を掘削し、マントルにミサイルをぶち込むのです。確かにこれなら惑星破壊できますよね。もちろん止めましたよ、えぇ。
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

江戸捕物帳

 5月14日 1部 システム:大活劇 GM:I

江戸の街で起きた殺人事件と最近の物価高の関係を探る、という時代劇風調査型シナリオ。私は定町廻り同心(普通の警官のような役職)をやったのですが、このPCの知力が1(能力値の幅は1〜6)。手下の目明し(PLは新入生のMくん)は知力2。このコンビでは、殺人事件の捜査をしようにも全く手掛かりに気付けません。だって、聞き込みの最後に横に居る目明しに「で、何か他に聞く事はあったかな?」とか言っているようでは、ねえ?

まあ、その分他の能力値が高かったので最終戦闘で短筒で撃たれても即死せずに済んだのですが。
感想 > その他 | comments (1) | trackbacks (0)

蓬莱学園の内乱?

蓬莱学園の冒険! GM:mono

 公安委員会の手伝いとして、南郷(かつて内戦を引き起こした男。まあ、ヒトラーみたいなものか)のクローンを作ろうとしている連中がいる、との噂を調査し始めるPC達。しかし、そこでPC達が見たのは、理不尽な暴力の嵐であった。

・友人に呼び出されて喫茶店に行って見ると、突然黒覆面の男達に銃を突きつけられ、地下に連 れ込まれる。曰く「お前、怪しいから、拷問するよ?(出稼ぎに来た外国人のような訛りのある日本語)」確かにクローンについて聞きまわっていたが、まず尋問じゃあないのか?

・挙動不審だった公安委員長と行動を共にするPC。すると、「クローン作成の容疑者だ。」と言って魔道書研の女生徒を拉致・監禁する。さらにPCにいきなり角材を渡し、「拷問しろ」と仰る委員長。拷問が済んだら今度はを渡され、「始末しろ」。仕方なくPCが従うと、「今の行動は全てビデオに撮ってある。これで我々は運命共同体だね…

・どうやら黒幕であったらしい公安委員長&軍事研と戦おうとすると、先手を打ってPC達の所属する部活・委員会全てが「テロ支援団体」と認定され、内戦勃発。

…とにかく、NPCの行動がアグレッシブに過ぎるんじゃあないだろうか、と感じたシナリオでした。まあ、非常に面白かったのは事実ですが。
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

命の砂時計

ロードス島戦記 GM:クロ

 舞台はアラニア王国のザクソン自治領。PCたちはそこの自警団のメンバー。で、PC1が元領主の息子と聞いたとたん、PLたちのあいだでどよめきが。
 『元領主は自治運動推進派』と聞いて安心したようだが、それって…デモ結局政治の話はまったくありませんでした。

 最後はマーファ神の代わりにダイスの神様が降臨してしまいました。
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

クリスマス世界一周

Aの魔方陣 GM:katala

 今回はブルーローズの世界観が使われた。
 PC達はブルーローズのエージェントでB級からA級への昇進試験として、クリスマスの前日と当日の間に世界中に散らばるゾディアックメンバーにプレゼントを届けるという任務をやることとなった。
 プレゼント選びも任務のうちなので悩んだ挙句プレゼントとして宴会芸をしたことも。
 パーティーアタックが発生しなかったため、とてもほのぼのとしたものとなり、Aの魔方陣らしくないと言う人もいた。
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

流星を砕け!!

異界戦記カオスフレア GM:DAWN

「スパロボをやろう」
つい最近発売されたばかりのカオスフレアのサプリメント、
インペリアルジェイドの中のあまりにも直球のネタ
(Gンダム、etc.)に感動すら覚えてしまったという
GMの言葉である。
続きを読む>>
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

トロウルと取引した理由

ヒーローウォーズ :GM蟻人

 PCたちはルナー帝国に立ち向かうためブライアン王を救出しようとしてトロウル嫌いの味方をだましながらトロウルと交渉していると、トロウル嫌いの筆頭格ファラオが合流した。
 ここでPCの一人は、ファラオに協力しようと主張するも、他の3人が受け入れず、牢屋に閉じ込められる。
 結局トロウルとの交渉を進めたPCたち3人はファラオの怒りを買い、一人はルナーと戦うために必要と主張し許された。一人は「死にたくないんじゃ」と言って逃げ出した
 そして最後の一人は恩のある主のためだったと言うとファラオに味方していたPCの説得によって助けられた。
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)