『還らずの森』-水精に呪われた街で。

2月13日 GURPS Tis Ligues GM:左馬

『還らずの森』に囲まれた城市を故郷とするPCたち。その隣街で、眠ると息が止まる呪いによる連続怪死事件が。政治の都合で、PC1と恋仲の姫に隣街の貴族との縁談が持ち上がり、隣街へPCたちが調査に行くというシナリオ。

世界観を説明しつつキャラ作成を始めたのが13:30、シナリオを開始したのが15:30。気がつけば終了したのが25:00。やりたいことを全部やったら、めちゃ長くなってしまいました。調査部分もあまり作りこめておらず、セッションではPCたちが状況証拠だけで犯人に罠を仕掛けて釣る形に。PCたちが隣街を救う動機も薄かったですし、シナリオの練りが足りませんでした。ガジェットやストーリーで惹きつけてはいても、ゲーム部分が甘すぎ。反省です。

一方で、PC1のプレイヤーはいい演技でした。面白い、というべきか。導入でヒロインに屈従宣言したり、縁談を壊そうとして軽くあしらわれたり、罪もないNPCを囮にして犯人を罠にかけたり、ラストで危うくヒロインを殺しかけたり。いやもう、これは持ち味というべきでしょう。セッションも大いに盛り上がり、楽しく終了できました。ありがとう。
セッションレポート > GURPS Tis Ligues | comments (1) | trackbacks (0)