夢の都に捕らわれた死者

6月11日 深淵 GM:K
 舞台はバッスル侯爵領の街ガサード。PC達は雪解けと共に、ラルハースとの水争いを終え、ガサードを通りかかる。GMからの設定の指定は、最低一人、ガサード付近の名も無き村出身のものがいること。

PC1:フリッツ(PL:佐猫)
 吟遊詩人。故郷の村に両親と弟夫婦、隣村に妹夫婦が住んでいる。ガサードに住む祖父の弟ヒリフ老とは親交が深い。
PC2:ヒーニアス(PL:G)
 ラルハースに怨みを抱いている弓兵。
PC3:ガーダ(PL:蟻人)
 元ギュラニン党の暗殺者。今は逃亡の身で、薬商人を装っている。ガサードの有力商人ウィルソンと親しい。
PC4:ルヴェナー(PL:deep_one)
 ラルハースに国を滅ぼされた騎士。

※超長文、ネタバレ注意
続きを読む>>
セッションレポート > 深淵 | comments (1) | trackbacks (0)

吸血鬼の王国

 深淵2 GM K

 今回は深淵ルールブックに付属しているカードを用いて即興でGMが話を作っていく渦形シナリオでした。

 PC設定で運命を引いた時にうっかり魔族と契約していたり、父親が犯罪者だったりするのは実に深淵らしいと言えるでしょう。

 簡単にPC設定を書くと、

 一人は何も知らない無垢な少年。ただし、プレイヤーは黒い

 一人は復讐を誓う吟遊詩人。腕に治癒の力があり、黒ずんでいる

 一人は勝利のために自分を慕う女を生贄に捧げた魔道師。

 こう羅列すると、非常に悪そうな奴ばかりですね。 

以下、ネタばれ
続きを読む>>
セッションレポート > 深淵 | comments (0) | trackbacks (0)

指輪を捨てに行こう。ただし指輪は人間。

深淵 GM:ムスカリア

 いろいろとシステムを行き来しているマスターなのでどんなものかと気になって入ってみたセッション。

王より、北方の火山への旅を命じられるPC一行。
しかし、PC1には目的は知らされない。果たしてその目的とは。
続きを読む>>
セッションレポート > 深淵 | comments (0) | trackbacks (0)

悲劇の運命(笑)

深淵 第二版 GM:K

深淵とは、運命に翻弄されつつ、それに抗って大切なものを守ったり、流されて狂ったりするダークファンタジー(大分偏見あり)。
新入生がいないのをいいことに、好き勝手にやってしまおうという感じに。

PC1はヒロインありの騎士。恋仲の姫を救うのが個人ミッション。
「RPG研の女殺し(ヒロイン・スレイヤー)」の二つ名を持つ私は、喜び勇んで突撃(PC選択)する。

さて、このシステムのPCには、引いたカードによって運命というものが与えられ、それによって行動や物語が大きく変化する。今回はカード1枚分の運命が与えられた。
PC1たる私の運命は…
続きを読む>>
セッションレポート > 深淵 | comments (0) | trackbacks (0)

戦い求めて

深淵 GM:大阪大学の方

 大阪大学の方々との交流セッション。
 PC達はとある宗教団体の使節団。異教を信仰する東西南北の集落の人々を改宗させに行くというもの。

 
続きを読む>>
セッションレポート > 深淵 | comments (0) | trackbacks (0)