最高の辛さを求めて

システム:ウォーハンマー GM:マソバソアソ

7/28の1部に行われたセッションのレポートです。


無類の辛い物好きで知られる国王カレーノ=カラシニコフ三世からお触れが出た。
「東方のコリア村という村には、キムチと呼ばれる最高に辛くて美味なる食材があるという。その地へ赴き、余を満足させる最高のキムチを持ってきたものには金貨1000枚を与える」と。
まさに世はキムチラッシュ。PC達も最高の辛さを求めて東方へと赴くこととなった。

PC紹介
PC1:エドガー 男/ハーフリング/無法者 PL:みかん箱
さらわれて無法者の一団に無理やり引き入れられた元料理人。今回の褒賞で自分の店を開き、料理人に復帰することを目指している。

PC2:ギリー 男/人間/賞金稼ぎ PL:ににに
かつて領主の息子を殺してしまったことから、殺人に目覚めたシリアルキラー。金に目がくらんでキムチを取りに行くことに。

PC3:エギル 男/ドワーフ/警備兵 PL:みそかつ
酒好きがたたっていつも金欠の警備兵。腕に自信はあるが、背が低いことを気にしている。

PC4:ウルリアナ 女/エルフ/狩人 PL:mouser
幼いころから森で暮らしてきた痩身の狩人。エドガーとは旧知の仲で、今回道中の護衛をすることになった。

PC5:ロゾンブロ 男/人間/海兵 PL:ふぇる
いつも本当か嘘かわからない大ぼらを吹いている船乗り。コリア村の近くに行ったことがあると適当なことを言ったため、道案内をすることになった。
続きを読む>>
感想 > ウォーハンマー | comments (0) | trackbacks (0)

去勢クラブ

システム:ウォーハンマー GM:リック
5/12 2部のセッションレポートです。

注意 
・このシナリオは下品です。
・RPG研究会においてこのシナリオはイレギュラーです、普段はもっときちんとしています
・このセッションのブログ記事化は会長の指示のもとで行われています

 ウォーハンマーは少しマイナーなシステムなので世界観を説明すると、人間やエルフ、ドワーフ、ハーフリングなどが共存する世界で混沌と戦いながら暮らす中世ファンタジーです。しかし世界は混沌のほうがずっと強く人々はかろうじて混沌の脅威を排除した土地でほそぼそと生きています。
 下品なレポートを見たくない方は絶対に続きを読まないでください。
続きを読む>>
感想 > ウォーハンマー | comments (0) | trackbacks (0)