2月5日の活動

1部
ガンダム戦記  GM:蟻人(2部時間帯まで延長)
・メガトラベラー GM:小荒(再利用)
2部
戦国霊異伝 GM:将軍
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

アフリカの桜

ガンダム戦記 GM:蟻人
PC1:若き小隊長(R) キシリアの子飼いで、連邦への敵意が強い。
PC2:女軍曹(組長)  小隊長(R)と共にアフリカに降りてきたお目付・サポート役。
PC3:エース(DAWN)  武人。愛機に桜吹雪をペイントしたエースパイロット。今回の主役。
PC4:軍曹(mono)   PC3の相棒で、リアリスト。

オデッサ戦でのジオン敗北直後のアフリカ。
宇宙から派遣されて来た若き小隊長(R)と女軍曹(組長)、そしてアフリカ戦線のエース(DAWN)とその相棒の軍曹(mono)とで新たなMS小隊が編成される。
新小隊として馴染みきらぬ彼らに、基地司令から小隊としての初の任務が命ぜられたが…。
続きを読む>>
セッションレポート > ガンダム戦記 | comments (1) | trackbacks (0)

餅と女と怨霊と。

戦国霊異伝 GM:将軍

短い2話形式のセッション。

第1話はとにかく途中で餅が食べたくなる話。臆病で無謀な村人達に困らされながらも、なんとか数十人分の餅をつき、村には平和が訪れた。一番活躍した密法僧は今後「餅聖人」と名乗ることに。

第2話は1話目のほのぼのムードとうって変わって血みどろな話。途中でちゃんと供養してやったのに化けてでるとは、やはり「餅聖人」の供養ではダメだったのか。

(佐猫)
感想 > 戦国霊異伝 | comments (1) | trackbacks (0)

虎だ! 虎になるんだ!

というわけで、今年もそんな季節。「虎の穴」開始です。
続きを読む>>
雑文 | comments (1) | trackbacks (0)

2月11日の活動

1部
・大活劇(SF仕様) GM:I
・ソードワールド   GM:藤林啓一郎
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

狂気の収集家

ベーシックRPG(クトゥルフベース) GM:KAY
「アリスの器物」という不思議な骨董品に関係したPC達のもとに、突然アリスの館から招待状が送られてくる。(SANの減りそうな方法で)

 私のPCは「アリスの器物」の収集家で、以前恋人だったPC3の姉が器物を持っていると知り、思わず殺して奪ってしまったという人間。(注:アリスの器物は前の持ち主が死なないと所有権が移らない)その恋人から奪った懐中時計は30秒時を止められるという代物。まあ、SANも3D6減りますが。
 さらに、職業は遊び人……。大富豪の三男で40過ぎてて遊び人で過去に人を殺してるなんて悪い奴しか思い浮かびまへん。

 招待状には5日間のパーティと書かれているのだが、シナリオ終了予定時刻になってもまだ2日目。GMに聞いてもまだまだ長いとの返答。長引かせるのもなんだと思い、PC3に問いつめられた時に時計やら過去やらを暴露。PC3にナイフ(これも器物)を向けられた瞬間、殺戮モードへ。
 時間を止めてまずPC3をネクタイでくびり殺してナイフを奪う。もう一度時間を止めて、ナイフで他の人々を殺していきましたとさ。ちなみにこのナイフも使うとSANが減る代物で、狂気の世界へご案内。(もとから突っ込んでたという話もありますが)

 で、最後は館の主のアリスにからだを乗っ取られて終わり。「これでアリスの器物は全部私のものだ〜」
(佐猫)
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (1) | trackbacks (0)

暴走しすぎたかも。

ソードワールド GM:R
 村の祭に村長が生け贄を捧げるとか、ヒロイン(村長の拾われ子)に謎の力があるとかの調査に奔走すること約2時間。急に依頼人がやってきた。

その時思い出したGMのシナリオ紹介の言葉。
「今回は知り合いから簡単な依頼を受けて…というところから始まります」

 ひょっとして、オープニングで横道にそれすぎた……!?
(佐猫)
感想 > ソード・ワールド | comments (0) | trackbacks (0)

2月12日の活動

1部
・クトゥルフの呼び声 GM:組長
・クトゥルフの呼び声 GM:KAY
2部
・ソードワールド   GM:R
・クトゥルフの呼び声 GM:mono
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

2月13日の活動

1部
・ゲヘナ GM:牛殺し
・GURPS Tis Ligues GM:左馬
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

足は知っていた

ゲヘナ  GM:牛殺し

ある街を舞台に起こる連続人体発火事件。紫杯連(SWの冒険者の店とヤクザとマフィアを足して3で割ったような組織)におけるPC達の上役が犠牲者の一人となり、その解決にPC達が乗り出す、といった展開の推理モノ。

犠牲者達は皆片足を残して蒸発してしまったが、我々には死体から情報を聞き出す魔法があった。かくして、PC達は犠牲者の足を回収しに街を駆け回る事となった。また、途中で見つけた敵対組織のスパイに対し、「生きて喋るか、死んでから喋るか、どっちが良い?」などと尋ねもした。

そんなこんなで、ゲヘナ世界での命の軽さを実感したシナリオだった。

文責:DAWN
感想 > ゲヘナ | comments (5) | trackbacks (0)