1月7日の活動

1月7日の活動(非公式)

一部
・ソードワールド GM:みなべ
・ブルーローズ GM:alcor
・ペンギンライフ GM:DAWN
・ヒーローウォーズ GM:蟻人

二部
・クトゥルフ神話RPG GM:katala
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

1月14日の活動

1月14日の活動(非公式)

1部
・ALSHARDff GM:灰月
・放課後怪奇クラブ GM:/うさぎ
Aの魔方陣 GM:katala

二部
・ウィッチクエスト GM:少年K
・クトゥルフの呼び声 GM:組長
・真女神転生驚太己咫。韮諭В
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

クリスマス世界一周

Aの魔方陣 GM:katala

 今回はブルーローズの世界観が使われた。
 PC達はブルーローズのエージェントでB級からA級への昇進試験として、クリスマスの前日と当日の間に世界中に散らばるゾディアックメンバーにプレゼントを届けるという任務をやることとなった。
 プレゼント選びも任務のうちなので悩んだ挙句プレゼントとして宴会芸をしたことも。
 パーティーアタックが発生しなかったため、とてもほのぼのとしたものとなり、Aの魔方陣らしくないと言う人もいた。
感想 > その他 | comments (0) | trackbacks (0)

1月21日の活動

1月21日の活動(非公式)

1部
・ナイトウィザード GM:クロ
・ナイトウィザード GM:T
・ナイトウィザード GM:R
・ウィッチクエスト GM:少年K

2部
・クトゥルフ神話TRPG GM:M
・ソードワールド GM:将軍
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

医療の現場から

ウィッチクエスト  GM:少年K
今回の舞台はハロウィンを間近に控えた病院。
不治の病の患者を担当するネコミミ魔女医者(24)と
自分のせいで友人を死なせてしまったつぼ売りの占い師魔女(13)とその猫。
二人と二人を取り巻く町の人間たちの繰り広げる人間ドラマ。

ここからは映画の予告編風に(一部脚色)

占いとつぼ売りで生計を立てる魔女アン。そんな彼女のいとこが火災で家族を失い、この町の病院へと運び込まれた。
「・・・手術をしないと、死ねるんですか・・・?」
「あなたを助けて死んだお兄さんのためにも、あなたは生きて」
「・・・でも、私。お兄ちゃんにも生きててほしかった・・・。」

工場での爆発事故、そして担ぎ込まれてくる大量の患者たち。一方、不治の病を抱える少女アンジェリカの容態が悪化し危篤状態に。
「ミーニア先生!アンジェリカちゃんの容態が急変して・・・っ!」
「そんな・・・。でも私は医者として目の前の患者たちを見捨てることは・・・。」
「でもっ、先生!行ってあげて下さい!」
「・・・どうすれば・・・いいの・・・?」

そして、迎えたハロウィンの日。
アンは七年前に死んだはずの友達と再会を果たす。
「アンちゃん・・・。一緒に遊ぼう?」


  ER X−


Comming soon......
感想 > ウィッチクエスト | comments (0) | trackbacks (0)

1月28日の活動

1月28日の活動(非公式)

1部
・ソードワールド GM:DAWN
・ブルーフォレスト物語 GM:mono
・TORG GM:小荒

二部
ゲヘナ GM:牛殺し
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

脚が語るもの


ゲヘナ GM:牛殺し

 今回の舞台はとある小さな町。PC達は鐘杏という紫杯連に所属する享受者である。PCの内訳は、魂装術と黒砂術を操る少年、堕天使2人(暗殺術と白炎術+獣甲術)、刀術を操る青年、あと犬のような妖霊(妖霊のような犬という説もある)をつれた神語術師の少女、の5人である。

 ある日少年が仲良しの少女と町を歩いていると、目の前を歩いていた少女が突如として炎に包まれる。そして、体は灰になってしまうほど燃えてしまっているのに、なぜか「左脚」だけが残っている。
 
 一方、鐘杏の本部でも同様の手口で組織のナンバー2が黒焦げになっている(脚も残っている)。合流したPCたちはまず始めに燃えた少女(実はPCの少年と仲良しの少女と仲良しの少女であった、ややこしいですね)の葬儀に乗り込んで、燃え残った足を見せてもらうことに。それは神語術師の使う呪文の中に「死体の一部にかけるとその死体がPCの質問に答えてくれる」という実に便利なものである。

 同じ方法でそしきのナンバー2の方の足にもお話を聞こうとした。しかし、反応はなし。
「これって死体じゃないのでは」
「とすると死んだと見せかけて実は生きているのでは・・・でもなぜ?」
 
 謎は深まる中、次々に同様の犠牲者が。しかし、燃え残る脚が「左脚」「右脚」という奇妙な点が。
 その後の調査の過程でわかったことはその行方不明のナンバー2がかつて殺された自分の妹の復讐を行っていること。あとはもう一人の犯人は少年と仲良しの少女を狙っているのでは?ということ。

 最後は路地裏での決戦。そのときはPC達はばらばらであったため非常にまずい雰囲気でした。がかろうじて勝利。
 
 いや、実に奇妙な事件でした。最後は「真犯人は脚が好き」ということになっていました。
感想 > ゲヘナ | comments (1) | trackbacks (0)