男たちの独島

ソードワールド GM:W
舞台は文禄の役のころの朝鮮半島
秀吉の侵略により半島の半分は占領され、各地で日本による収奪が続いていた。
そんななか両班達や日本軍のやり方についていけずに逃げ出した者たちによる反抗が行われていた。

GMいわく、何とかして独島へPCたちを連れて行くということだったので、後半それまでの比較的現実的な展開から怒濤のムービーシーンへ。
マリア様が「アンニョンハシェムニカ」と挨拶してきたり、キリスト教が朝鮮起源だったことを明らかにしたりと、言葉が通じないスペイン人となぜか話せることさえ気にならないほどだった。

かくして朝鮮軍が独島で日本軍相手に勝利を収め独島は朝鮮のものとなったのだった。

朝鮮万歳(チョソンマンセー)
感想 > ソード・ワールド | comments (0) | trackbacks (0)

2月28日の活動

2月28日の活動

一部
・ビーストバインド 旧版 GM:T
SW GM:W
・エンゼルギア GM:K
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

2月25日、26日の活動

2月25日の活動

1部
・ロードス島戦記RPG GM:クロ
・央華封神3版 GM:O
・TORG(再利用) GM:小荒
・Aの魔方陣(再利用) GM:katala

2部
・放課後怪奇クラブ GM:みなべ
・ナイトウィザード GM:茨之介
・真女神転生驚太己圈。韮諭В
・クトゥルフの呼び声(再利用) GM:katala

2月26日の活動
・ALSHARDff GM:灰月
・クトゥルフの呼び声 GM:DAWN
・放課後怪奇クラブ(再利用) GM:/うさぎ
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

2月21日の活動

2月21日の活動

1部
・ソードワールド GM:R
・天羅万象 GM:少年K
・ブルーローズ GM:牛殺し
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

扶桑山月記

扶桑武侠傳 GM:蟻人

「扶桑武侠傳」は、架空の中華風島国「扶桑国」を舞台に、アジアンカンフーヒーローである「武侠」たちが活躍するRPGです。

「隴西の李徴は博学才穎…」(中島敦「山月記」冒頭)
今回は中島敦の「山月記」をネタに、その身を獣と化した二人の男と、二人を追う武侠たちの物語。GMが普段やっているグローランサなどの「蛮風」(笑)からは離れて、今回はもの哀しげな雰囲気重視のシナリオってコトで。

旧友に会うために帰郷したPC1。
しかし、その友は既に人食い虎に喰い殺されたという。虎を追うPC1。
一方、師匠を兄弟子に殺され、復讐のため彼を追うPC2。
やがて彼らは、山に棲まう人食い虎と獅子こそが、変わり果てた旧友、そして兄弟子の姿であることを知るのだった…。


最近のRPGの風潮に流されない「扶桑武侠傳」、僕はそこはかとなく応援してますよ。
頑張れ! あんまし一般受けはしないと思いますけど!
感想 > 扶桑武侠傳 | comments (0) | trackbacks (0)

2月18日、19日の活動

2月18日の活動

1部
・迷探偵デュダRPG GM: 閉じ込めの壺
・大活劇 GM:I
・ブルーローズ GM:藤林啓一郎

2部
・クトゥルフの呼び声 GM:alcor
・三国志 GM:将軍
・天羅万象 GM:K

2月19日の活動
・放課後怪奇クラブ GM;/うさぎ
扶桑武侠傳 GM:蟻人
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

虎の穴、始まりました

というわけで、今年も来年度に向けての技術強化期間、「虎の穴」開始です。
続きを読む>>
雑文 | comments (0) | trackbacks (0)

呪われた島の魔法王国

ソードワールド GM:DAWN

 システムはソードワールドでしたが、なんと時代は古代カストゥール王国の時代。しかも、我々は後にロードスと呼ばれる呪われた島の太守に仕えているのです。(PC1は太守の息子)

 今回は死後ノーライフキングになるソーサラー、体内に武器を仕込んだシーフのゴーレム(どう見ても暗殺用)など、10レベル超のキャラクターで構成されたパーティーで、普通なら怖いものなしであったのですが……
続きを読む>>
感想 > ソード・ワールド | comments (1) | trackbacks (0)

2月14日の活動

2月14日の活動

一部
・ソードワールド GM:T
ソードワールド GM:DAWN
・ソードワールド GM:katala
活動日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

柊家殺人事件 〜黄色の紋様の謎〜

ベーシックロールプレイ GM:組長

「柊家の幽霊騒動を解決してほしい」と依頼された探偵。
聞けば柊家で自殺した女性の幽霊が出るらしい。
探偵が行くと待ち構えたかのように連続殺人事件が発生!
現場にはいつも、黄色の紋様が書かれた紙が落ちていた。
犯人は誰なのか、探偵は犯人に立ち向かうのであった。

感想
本格推理風RPGということで探偵役に挑戦してみました。
TRPGでやる探偵なので足で稼ぐ刑事ドラマ風なプレイになりました。
最後の詰で微妙に混乱してしまったのがちょっと失敗でしたね。
感想 > ベーシック | comments (0) | trackbacks (0)