八咫高校の学園祭

 システム:ビーストバインドトリニティ GM:金目鯛の煮付け

10月29日に行われたセッションレポートです。

PC1 相田大機 PL:みそかつ
最高のたい焼きマシンを作ることを生きがいにしている男。文化祭においてクラスでたい焼き屋を出す予定だったが当日クラスメイトが水槽を持ってきて鯛を釣り始める。
PC2 浅井百合奈 PL:秋乃穂波
美人であり、それを生かした生き方をしている。自分のことを可愛いと思っている系の女子。美丞じょコンテストに出場予定だったが、当日突然周囲が全員美女になる。
PC3 白川悠 PL:N/A
人間に興味を持ち人里にやってきたクマ。生徒会に所属している。生徒会の権限がやたら強くなっている。
PC4 佐武冷衣 PL:サバの味噌煮
自称関西スピリッツの持ち主であり、エセ関西弁を喋っており、それをクラスメイトからは「ハイハイ」っていう目で見られている。文化祭当日、クラスメイトと会うと全員が突然関西弁を喋り出した。
PC5 関井社司 PL:黒和
写真に生み出された奉仕種族の一体。美術部でSANを削らない程度の邪神像を作った。文化祭当日、飾っていた自分の作品が外に逃げ出した。

導入
今日は八咫高校の学園祭当日。各々学園祭で出し物をするはずだったが異変が起こる。
続きを読む>>
感想 > ビーストバインド | comments (0) | trackbacks (0)

麦茶の降る町で

 システム:Basic GM:ソーニャ

10月21日の2部に行われたセッションレポートです。Basicという、クトゥルフから神話生物と正気度を取り除いたシステムを使いました。GMはソーニャです。

PC1:三戸 陽介
大手麦茶メーカーの社長の息子。麦茶が降るようになってからビジネスが大成功した。
PC2:辰水 銀
高卒の駆け出し探偵。三戸とは高校の同期。
PC3:柴崎 健一郎
麦茶の研究をしている大学院生。
PC4:茶沢 渋夫
三戸の知り合いの売れない作家。


 ここ、六木市は5年ほど前から麦茶の雨が降るようになった街だ。そんな街の中、三戸は他PCに相談をする。先日街ですれ違った少女に一目惚れしてしまい、どうしてももう一度会いたい、と言う内容だ。そこで六木市に向かってみると、少女の目撃情報はあるものの、名前も住所も分からない。そんな中、怪しげな男から幸運の獣についての話を聞く。なんでも、会いたい人の名前を教えてくれるそうだ。他にすがるものがなかったPC達はひとまずその獣に会いに行くことにした。すると何故か‘ちくわ’を要求するピンク色の獣。動揺しながらもPC達がちくわを渡すと、少女の名前を教えてくれた。しかし調べてみると、少女は5年前に死んでいるのであった。獣に聞いてもさらっと幽霊だということを言われただけであった。さらに調べると死因はペットボトルの麦茶での溺死と判明。どうしようもないようなきぶんになりながらも、PC達はお墓参りをすることにした。するとお墓の前に少女の姿が。逃げる少女をなんとか引き留めると、少女は三戸に問う。「もし、麦茶でおぼれて死ぬなんて人がいたら、どう思う?」それに対して三戸は「えっと、可愛いと思うよ。」と答えたのであった。自分の死因に少し自信が持てたらしい少女は墓参りを歓迎しつつ、笑顔で去って行くのであった。こうしてそれぞれ、麦茶の雨が降る日常に戻っていくPC達であったが、後日墓参りに行くと、少女と再会。成仏の仕方が分からないとのこと。そんなこんなで三戸は少女と仲良くなったのであった。完。

尚、これは単発シナリオでした。念の為。
セッションレポート | comments (0) | trackbacks (0)

ベジモン進化の時!

 システム:神我狩 GM:mayo

OF2日目である10月8日の2部に行われたセッションレポートです。
神我狩はカミガカリという超人になって悪さをする化物と戦う和風現代異能って感じのシステムです。

PC紹介
PC1:択捉 伸治 19歳 男 コントラクターB/ダークハンターB (PL:淀川 由良)
ベジモンというゲームが好きな大学生。OPで友人の真皿 聡が意識を失ってしまう。

PC2:日和巻 凪 25歳 女 エルダーメイジB/レガシーユーザーB (PL:ゆったん@)
表は教師、裏ではカミガカリをやっている退魔師協会の人。

PC3:レーラ 見た目若い 女 ディバイントーカーA/ディバイントーカーB (PL:パイの実)
年齢不明の絶世の美女歌姫。セルフカンパニーという会社の超常現象対策課に属している。

PC4:塚原 卜全 28歳 男 ドラゴンキャリアA/アークスレイヤーA (PL:みそかつ)
茄子が大好きなおじさん。OPで茄子のバケモノに襲われる。

今回のベジモンというのはポケモンみたいなものという認識でお願いします。
続きを読む>>
感想 > 神我狩 | comments (0) | trackbacks (0)