[メックリプレイ]第1話(1) 〜結成、白眉小隊〜

長らくお待たせいたしました。
ようやく第1話の連載開始です。
お待たせした分今回は長めの投下になります。
GM メックウォーリアーショートキャンペーン開始ー!
一同 わー、ぱちぱち

GM 一応もういっぺんPCおさらいということで
   大雑把に何者かと台詞だけお願いします。
グリゴーリィ はい
アルバート いえっさー
ヴェルマー まあ、よろしいのではないでしょうか
アルバート 問題はこの台詞は人格を表すものではない、ということか
GM じゃあ、人格を表すものを喋ってくれ
アルバート え゛〜
ヴェルマー (笑)
GM 言うやろ、そら。
   じゃ、はじめよう。PC1から

グリゴーリィ PC1、グリゴーリィ=イザーク24歳男、男爵。中尉
   台詞1「ここは退けんな。なぜなら私は貴族だからだ」
   台詞2「降伏するんだ。そうすれば紳士としての扱いを保障しよう」
   台詞3「ロシナンテ、お前まで死んでしまっては」
ヴェルマー よくわからん(笑)
GM やっぱりロシナンテの台詞要らん気がする。
   てか、愛馬ロシナンテを人物相関図に入れ忘れたよ(笑)
一同爆笑
ヴェルマー 居ないものとして扱われてる(笑)

GM ではPC2

ヴェリエル PC2、ヴェリエル=イザーク、PC1グリゴーリィのはとこ、だぜ。
   台詞1「グリゴーリィ様、オレの顔は不快に感じられることがあるようだ。
   おごそかな場に出ることは遠慮しておきますぜ」
   台詞2「ふぅ、あいつが目立っている間に、オレはこっちで動かせてもらうか」
   ぐらいですね
GM ああ、3つ目の台詞は言わないわけね?
ヴェリエル もう別に気にしない方向でいきましょうぜ。
GM 了解。

GM ではPC3、お願いします
ヴェルマー PC3、ヴェルマー=コントロ、35歳。少尉
   騎士位でしたっけ
GM 騎士位を持ってると思う
ヴェルマー 台詞1「そうですか、ついにグリゴーリィ様が戦場に出られるのですね。
   私がなんとしてもお守りしなければ」
アルバート (失笑)
ヴェルマー 台詞2「アルフレッド様ですか。中々気難しいお方でございますね」
   台詞3「一度は父上に拾われた身。
   この命は父上が親しくしていたイザーク家のために使いましょう」
   今決めましたぞ。プレイ方針は冷静沈着!
一同苦笑

#わりと感情がすぐに出るタイプのPLなので

GM いいんだが、感情を優先するか打算を優先するかってのはあるかな、方針として。
ヴェルマー ま、打算ですな?
アルバート しかし、カラン(=ヴェルマーの中の人)
   冷静沈着はないんじゃね?と個人的には思うッスよ
GM まあ目標として掲げるなら、それはいいんじゃない?
アルバート 僕は自分が冷静ではないと知っているから
   そんなことは言わないッスよ(笑)
オスカー だからこその目標やないか
GM どうする?
ヴェルマー いいんじゃないですか?
   打算ですな。感情は……押し殺しますか。
   常にこの、グリゴーリィ様に関しては思うところあるという感じで。
GM なるほど。

GM ではPC4
アルバート PC4、アルバート=ゴーゴリ、25歳、男
   奨学金とかお金を借りて、お世話になったので恩を返すために
   メック戦士やってます、という感じッス。
   あと、内乱で父が死んでたッス。
   台詞1「こんなことに金使ってらんねーッスよ。
       ミサイル1本にも気ぃ使うんスよ」
   台詞2「これも仕事ッスからね、言われた事をやるだけッス」
   台詞3「このまま内乱を続けるとマーリックもだめになると思うんスよ、ボクは」
   そんな感じの人物ッス
オスカー すげえ!商人以上の銭ゲバが居た
アルバート 奨学金は重いんスよ!
GM 銭ゲバっちゅうかね
アルバート 別にお金を稼ごうとしてるわけじゃないッス

#GURPSで言うと“守銭奴”(あざとく収入を増やす)というより“けちんぼ”(節約・倹約を心がける)のような違いですね

GM ではPC5
オスカー はいはい、噂の商人、降下船の船長。オスカー=サカイや。
   ちょっと設定の変更が。
   「余ったパーツでメック組もうとしてる」んやなくて、
   気圏戦闘機を一機持っとります。
GM 余ったパーツで作った気圏戦闘機?
オスカー 「余ったパーツ」は削除して、気圏戦闘機一機。
   パイロットは別に船に乗ってない。
ヴェルマー 持ってるだけでございますか?
オスカー 自分で持っとるけど気圏戦闘機で戦闘できるよ、とは言うてへん。
   技能は降下船と一緒だから操縦できるんちゃう?と周りからは言われてるアル。

#日本語版ルールだと<操縦=航空機>という話、版が進むと別技能だった気が(^^;

GM ああ、なるほど了解
オスカー 台詞は「高いアル。もう少し勉強できへんか?」
   ……とそんな感じ
ヴェリエル 結局メックの操縦経験は無いのか?
オスカー 「おまへんなぁ」
ヴェリエル 事実はわからないってことか(嘆息)
GM 彼の遍歴を誰か調べたかね?(笑)
ヴェリエル 確かに。調べちゃいないな。
アルバート てか、そうだ。小隊員じゃないッスよ!
GM で、ですね。このオスカー=サカイは今回の任務に使う降下船が足りない、
   ということで、君たちに快く足を貸してくれてる、と。
一同 わーい
GM 見返りはちゃんと本国からもらっている
オスカー はい
GM 君たち他PCからもらおうとするかどうかは、……シナリオ中にお願いします(笑)
オスカー まぁ、そんな意汚いマネはせえへんよ、信用第一アル。

GM はい、そんな5人の珍道中、はじまりはじまり。
   ってことでオープニングでございます。

<個別オープニング オスカーの場合>


GM オスカー、あなたは暗い部屋の一室に呼ばれておりまして、
   執務室で豪華な机の向こうからあなたに話しかけているのは、
   名前だけは言っておこう、ペドロッティ。
オスカー 〜〜、ああ、はいはい。
GM ハイドのところに名前は書いてあったはずだ
オスカー ええ。
(居ないはずの)ヴェルマー 誰だ、ペドロッティって。

GM ふむ、なかなか面白い報告だ。これについては君が調べたまえ。
オスカー はっ。承知いたしました。
GM そして、どんなものか解明できれば……わかっておるな?
オスカー 存じております。
GM では、吉報を期待している。ブレイク・ブレス・ユー!
オスカー ブレイク・ブレス・ユー!

GM という感じです。これだけ(笑)
   こういう謎マスターシーンが入ったってだけ。
ヴェリエル 英語だから違う、とかじゃないよな?
GM God Bless You!のGodの部分が入れ替わってると思ってくれい。
   完全に造語だよ。
アルバート 日本語に直せば「ブレイクの祝福があらんことを」か。
ヴェリエル ブレイクって、誰よ?
アルバート 聖ブレイク。コムスターの大昔の偉い聖人。
ヴェリエル そうだったっけ。

<個別オープニング アルバートの場合>


GM ではアルバート。
アルバート いえっさー
GM まだ白眉小隊に配属される前のことでございます。
   とある軍基地内部の通路を移動中に、すれ違いざまにですが、
   はっきりとあなたに指令が伝わる、という感じ
ヴェルマー (笑)
ヴェリエル なんて手間暇かかることを
GM 順番にこんな暗号めいたことを言ってくる人が全部で3人かな
オスカー なんちゅう大掛かりな組織や(笑)
GM (紙を切りながら)すれ違いざまに一人1単語ぐらいずつ喋ってきます。
アルバート すれ違いざまに
ヴェリエル またハイド設定がぁ!情報格差がぁ!(笑)
GM 単語自体はオープンにしますけど
   「コムスタータイムズ」「27ページ」「D-8-4タイプ」
   という暗号が
オスカー (笑)
GM 暗号を読むとそんな内容(紙片)。大した事無いよ
ヴェリエル これ長いじゃないですか(笑)
アルバート コムスタータイムズの該当箇所を読んだら、
   これがあったということですか
GM 該当箇所をそのD-8-4タイプという形で暗号を解読すると、そんな文章になる。
オスカー ていうか待って。え〜?
GM いや、単にね
オスカー いや、わかりましたよ、はい(笑)
GM そんな話ですよ。別にそれもう、グシャッと棄てて大丈夫だろ?
アルバート(黙る)
ヴェリエル やっぱり情報格差がぁ!
オスカー いや、ワイが気になる、むしろ(笑)
アルバート 折っておこう、折っておこう、みたいな(笑)
グリゴーリィ ハイド設定持つ者同士で潰しあうがよい(←なんかやさぐれてる)
GM そんな感じですよ。
オスカー なんでこんなに活発やねん(泣)
アルバート へいへい、やればいいんでスよね。やれば。

GM とまあ、そんな事があなた方、白眉小隊と合流する前にあったとさ
アルバート いえっさー
オスカー さー、いえっさー(棒読み)

<さて、全体OP>


GM 白眉小隊が組まれて、やるところというと、
   もう次は一気にジャンプシップの中なんだけども
オスカー ワイのジャンプシップ
GM っちゅうか君たちもうドロップシップに乗り込んでるわけですが
オスカー 移動中?
GM 移動中ですね。
   既に白眉小隊もこれこれの任務に就いて〜〜という辞令は既に受け取っている。
   一応、任務の内容なんだけども、
   惑星アウターリッジと言うところが今回の舞台です。
ヴェルマー なんかちょっと大統領とか書いてありそうな
オスカー 辺境よりくさい名前やな。
GM どんな惑星かというと、首都のみが栄えているよくある惑星なんですが、
   昔中心領域の探索がこの星系までで止まっていた時代がしばらくあって、
   その頃に付けられた名前。
オスカー ほうほう
GM マーリックの軍が駐屯していて、
   シュタイナー領域からはジャンプ2回分ぐらいのところにあったんだけど
   電撃作戦で2つぐらい落とされました。
オスカー 迂回侵攻ではなく、正面突破されたアルな。
グリゴーリィ なるほど
GM 迂回侵攻かもしれんけどね。
   なかなかこんなところ中継地にしねえよ、という場所だったので。
ヴェルマー で、最前線、というわけですな。
GM 最前線です。
   現在ライラの侵攻軍が来てて、
   駐屯軍たった一個小隊では持ちませ〜ん、と援軍の要請があったと。
一同 はいはい。
GM 攻めてきてるのはライラ側一個中隊。
オスカー ん〜、迂回侵攻かな?正面突破にしては戦力が少なすぎる。
ヴェルマー まあ確かに。
GM あなた方白眉小隊を含めた全部で二個中隊が組織されて、
   今しがたジャンプし終わった、というところでしょうか
ヴェルマー なるほど。
ヴェリエル で、もうそろそろ敵は現れたか?
オスカー まだ。いや、多分敵は見えてる。けど、戦っちゃダメ
ヴェリエル ああ、ジャンプシップに乗ってるから。
GM ジャンプシップに乗ってるからというか、それもあるんだけども、
   ジャンプアウトする地点(=ワープの出口)がものすごく限られてまして、
   その付近で戦うと、いつジャンプアウトしてきた船が巻き添え食うかわからんので
   戦闘禁止区域となっております。
   それともうひとつ、降下船とドンパチやると
ヴェルマー ひどい目に遭いますな。
GM どっちもひどい目に遭う、というのもあって、まずやらない。
オスカー 降下船・航宙艦同士のドンパチはまずやらない。
   お互いに得るものが無茶苦茶少ない割りに、失うものが無茶苦茶大きいんやわ。
アルバート 単なる消耗戦でしかない
オスカー せやから、惑星まで降りてメック下ろして、
   メック同士で殴り合って適当なところで決着付けてもらいまひょか。
   ってことになるアル。
GM あるいは降下船を叩くんでも、
   叩く側がちゃんと回収できそうな地点まで誘導してからにする、と。
ヴェリエル OK、了解了解。
オスカー 爆散されたらたまったもんやあれへん。
GM 不時着ぐらいはできるように、適度に痛めつける、って感じかな。
グリゴーリィ これが騎士道精神に則った戦いですよ。
アルバート お上品な戦争ッスねー。
GM お上品にならざるを得ないんや。
ヴェルマー (笑)
オスカー 下品に戦争やっとったら、早々に人類滅亡やで、この世界。
GM そんな事情がこの世界の常識となっております
グリゴーリィ はいはいはい

GM なので、ジャンプアウトして
   ちなみにジャンプシップそのものは惑星に降り立つ能力はありませんので
ヴェルマー ジャンプシップは軌道上に待機して、ドロップシップで降りるんでしたっけ?
GM 軌道上じゃないんだな。海王星ぐらいの半径のところにジャンプアウトしてきて、
   そこからゆっくりと降下船で降りる、という感じ
アルバート (SFの常識に照らして)惑星のすぐ傍でジャンプアウトとか、
   怖くてやりたくないッス。
GM うん、「重力場の計算ができません」て話でさ。
オスカー 公転面方向に垂直なあたりアル。
   (↑ナディールポイント・ゼニスポイントのこと)
GM あんまり細かい事はいいよ。
   とにかく遠い。片道一週間とかかかるんだわ。
ヴェリエル それぐらいだと思っときゃいいんだな。
アルバート 星系内には入ったんスよね?
GM 星系内には入りました。
   向こうにはバレてるが、ジャンプアウトしてきたことしかバレてないんだよね、実は。
ヴェリエル ん?規模はわからないのか?
GM 規模はわかんないし、実はどこの船籍かってのも偽装も可能なんだよね。
アルバート 偽装できるんなら当然しておくッスよ
GM ジャンプシップに関しては、特に船籍のあらためはあんまり無いんですよ
   ドロップシップです、問題は。
オスカー むしろ積荷です。
GM 積荷の方が問題です。

<先遣威力偵察部隊>


GM 白眉小隊が一番槍で降りろ、という指令が下っています。
   オスカーのレパード級降下船には、
   一個小隊しか乗らんわな、ということもあって、
   白眉小隊だけ先に降下、数時間あいだを空けて次が出発する、
   というようなスケジュールになっています。
オスカー 橋頭堡を確保せえ、と。
ヴェリエル それは、伯爵から?
GM ピゴッツィ伯爵から。
アルバート 中隊指令は誰なんですか?
GM 中隊指令はピゴッツィ伯爵です。この人は大尉だったっけ?少佐?
アルバート (PL用資料を読みつつ)伯爵ッスよ

ヴェルマー なぜ資料をガメておられるので?
アルバート ガメてないッスよ、資料がボクの後ろにあっただけッス(笑)

オスカー 中隊長だから多分大尉ぐらいか?普通
アルバート あ、少佐って書いてあるッス。
GM 二個中隊だからな、今。多分みなし、だと思うけど。
   ……あ、ごめん。違う。降下船の船長に命令できるために少佐、だな。
オスカー なるほど!
GM 降下船の船長はみなし大尉です。
アルバート キャプテン(Captain = 大尉)、だし。
オスカー うわ、メンドイなぁー階級関係。
アルバート 指揮系統は大事ッスよ(笑)

ヴェルマー で、そろそろアウターリッジに降りるところですか
GM ゴメン。まだ、ジャンプアウトしたところだと思ってくれい。

ヴェルマー ふぅ。
グリゴーリィ 「やあヴェリちゃん、いよいよだねぇ」
アルバート ヴェリちゃん(笑)
ヴェリエル 「ええ、そうですね。グリゴーリィ様」
グリゴーリィ 「そんな固っ苦しいこと言わずに、僕と君の仲じゃないか」
ヴェリエル 「いえ、それでも。ほとんど会話した事もありませんでしたので」
「(慇懃に)グリゴーリィ様は、この星系に対してお詳しいのですか?」
グリゴーリィ 詳しいんですか?GM
ヴェリエル ってか知識あんの?
GM グリゴーリィに限らず、
   この星系について知識があるとすれば、オスカーぐらいじゃね?
ヴェリエル あと、ここの特産品は何とか、そういうのは?

#録音に先立って、決め損ねていた事を喋ってもらったんですが、以下のような感じ
イザーク家の所領:惑星“ウォッカ”
重力や環境はある程度人が住める程度。
特産品はもちろんウォッカ。
水の美味しい星ではなく、安く仕入れてきた酒を蒸留しているだけ。
総人口は130,900人

小隊名もPLたちに考えてもらったところ、なかなか良い案が出ず、
はじめにグリゴーリィの漏らした“白眉小隊”に決定。
なお、白眉小隊は曽祖父ヴィルヘルムの代からの部隊名。

GM 特産品は決めてないけど。
ヴェリエル 大統領の性格は?
GM 性格を先に聞くな(笑)
   名前とおよその家族構成、まあ性格もわかってる。
   ラザフォード家、というところが統治してるんだけども。
グリゴーリィ 名門ですか?
GM いんにゃ、大して名門でもない。
ヴェルマー アウターリッジ自体は、住環境のいい惑星ですか?それとも悪い惑星?
GM はっきり言って普通の惑星だね。
   で、現当主スレイマン=ラザフォード大統領。御年60歳。
   子宝に恵まれず一人娘のキャロラインしか跡継ぎがいない。
グリゴーリィ ハーレムとか持ってそう名前なのに。
オスカー 種がって問題もあるかもしれへんやろ。
グリゴーリィ いやまぁそういう話もありますけど
GM 前情報としてわかってるのは、こんなもんかね。
ヴェリエル ラザフォード家って貴族?
   向こうを見つけたときの待遇をどうするか考えなきゃいかんだろ。
GM えーと、地方豪族(笑)
ヴェリエル なるほど(笑)我々の方が一応(階級・指揮権が)上だって形でいいのか?
GM うん、本国の承認を得てるという点では同じなんだけど、
   君たちの方が若干待遇が上になる。
オスカー 准男爵とかそのぐらい、か?
GM 爵位をもらってるんじゃなくて、別のしがらみですね。
   君らを貴族には列席させたくないな、というような。
   だから“地方豪族”といってるんだが
アルバート 名主、名主。
オスカー で、商人としてこの惑星の事を知ってるかどうかなんやけど。
GM <交渉=聞き込み>で判定してみてください。
オスカー (コロコロ)失敗、知りまへん。
GM 何が売れそうか、迷ってるうちに期限が来た感じ。
オスカー そうアルか。

グリゴーリィ この惑星について、小隊長として資料とか受け取って無いんですか?
GM その資料の中身が今言ったようなことですよ。
グリゴーリィ なるほど

ヴェルマー 現地の防衛勢力、防衛小隊の編成は?
GM 細かい編成は今おいとくけども、中〜軽量級中心の高機動部隊。
オスカー 偵察部隊アルね
ヴェルマー なるほど(笑)
オスカー 高機動部隊ってことは低火力・軽装甲部隊アルよ(笑)
GM その通りだよ(笑)
アルバート 防衛には向いてないッスね(笑)

ヴェリエル ちなみにオレたち敵の中隊の指揮官知ってたりとかは?
GM 編成表(T.O.& E.)自体は見れば、目を通した、でいいんだけど、
   その中にジェラルド=ハインリッヒの名前は書いてある。
   けども、君たち全員が聞いたわけじゃないって感じですな。
   向こうから付け狙ってくるタイプの“宿敵”ですから。
ヴェリエル 向こうにインネンつけられてるって感じじゃないのか?
GM そうだな、ヴェリエルとかヴェルマーは1回ぐらいはありそうだな、
ヴェルマー おお、なんと。
GM じゃあ、ジェラルド=ハインリッヒの名は見覚えがあるぞ
ヴェリエル 「またこいつか」
ヴェルマー 「そのようですね、しつこい男ですな」
アルバート 「誰なんスか」
ヴェリエル で、どんなメックに乗ってるんだっけ?
GM ああ、乗機?ノーマル型ゼウス。80トンメック。
オスカーヴェリエル ブッ!
GM シュタイナー家特製の王家メックでございます
アルバート おぅ!?
GM 別に火力は高くないよ
グリゴーリィ 「これはまた大層なものに乗ってますな」
オスカー いや、大丈夫。ACの速射ルールが無ければサンボルの方が強い、実は。
GM 速射ルールあるから、ってか今回のキャンペーンでは使うから。
オスカー だから、判断は微妙、と。
アルバート すごいもん乗ってるわー

#サンボル乗りのお前が言うな(笑)

GM で、ヴェリエルやヴェルマーが前回遭遇した時は、前当主のグレゴリオのメックに猪突猛進していたイメージがある。
ヴェリエル ほう!

#嬉しそうだな、おい

GM うん、トレビュシェット(グリゴーリィ機)だね☆
ヴェルマー メチャクチャ、これキツイのでは……いや、なんでもありません(笑)

オスカー ワイだけ蚊帳の外なのも仕方ないな、入ってくるか。
グリゴーリィ え、操縦しなくて大丈夫なんですか?
オスカー 大気圏突入まではオートパイロットで放っといて大丈夫やろ。
GM 小惑星帯とかに突っ込まん限りは基本的にオートの方が安全。
アルバート だってこんなんルーチンワークなんだから。
GM 一週間ぐらいの行程ですから。
グリゴーリィ 一週間寝ずの番で操縦するのかと。

#一人乗りの機体じゃないんだから

オスカー 「皆サン、どないアルか〜」
ヴェリエル 「ああ、船長」と敬礼をしよう
ヴェルマー 「今回はどうも」
オスカー 「いやいや、これも仕事アルよ」
ヴェリエル 「船長、行き先のアウターリッジへは行ったことはあるのか?」
オスカー 「いや?初めてやなー」
ヴェルマー 「まあ、仕方ないでしょう」
アルバート 「皆、気にしすぎッスよ。そんな気にしたって仕方ないッスよ」
グリゴーリィ 「情報が無いのなら仕方ない、とりあえず今日はもう寝よう」
アルバート 「命令された事をやればいいだけッスよ」

<ハプニング発生……それとも?>


GM じゃあその辺で、ブリッジから「艦長、イザーク小隊長。ジャンプシップから通信が入っております」
グリゴーリィ 「ん?何だ?」
アルバート 「すげー怪しいッスよ」
オスカー 「構わないアル、繋げ」
GM じゃあ繋がりますね。ピゴッツィ伯爵から通信が入っております。
   ちなみに某ガンマ団総帥みたいな悪そうな表情のナイスミドルです。
   TV電話風なモニターだとおもってくれい、双方向だよ。
ヴェルマー 男爵の後ろに控えていましょう。
グリゴーリィ 敬礼して。
ヴェリエル 一応、敬礼しておくか。
ヴェルマー 敬礼ですな、敬礼。
オスカー 一応軍人じゃないから、頭を下げるだけ
アルバート 敬礼はしとくはなあ

グリゴーリィ 伯爵殿、イザーク小隊ジャンプアウトに成功しました。
ヴェルマー ちがう!ジャンプアウトは皆一緒にしてるから!
グリゴーリィ ああ、ごめんなさい
GM 艦長こっちに来てるんで、ドロップシップを切り離して、1〜2時間というところだよ。
グリゴーリィ 「順調に航行を続けております」
GM/ピゴッツィ 「うむ、それはいい知らせだ。
   だがこちらからは悪い知らせがある」
ヴェルマー 悪い知らせ?
オスカー 「何か問題でも?」
ヴェリエル 表情を見てみるけど?
GM じゃあ、ちょっとニヤニヤしながら
GM/ピゴッツィ 「いや、君たちに続いて残り5個小隊、ユニオン級降下船2隻」
アルバート 使えなくなったって?
GM ちなみにユニオン級はオスカーのレパード級の3倍ぐらい運べるんですけども
GM/ピゴッツィ 「全て、ジャンプシップから切り離せなくなってしまった。
    今原因を探らせてはいるが、しばらく復旧に時間がかかるそうだ。」
オスカー 「ほんなら、どないします?」
グリゴーリィ 「それまで我々だけで独自に戦え、ということですか」
GM/ピゴッツィ 「(嫌味っぽく)すまんが、同胞たちが惑星上で、援軍を今か今かと待ち構えているときに、
    一人も助けに行けないのでは、我らが自由世界同盟の名折れというものだろう?」
グリゴーリィ 「了解いたしました」
アルバート 「それで復旧はいつになりそうなんすか?」
GM/ピゴッツィ 「うむ、今探らせてはいるが……フム、どのぐらいだ?一週間?」
アルバート クソ野郎
GM/ピゴッツィ 「本当か?それ以上短くは?……そうか、ならんか。」
オスカー クソ野郎
GM/ピゴッツィ 「(ニヤニヤ)ということだ。すまんねえ。
    いや、すまないとは思っているが、君たち“英雄”イザーク家にかかれば
    たかが三倍の敵など、たちどころに粉砕してくれると私たちは信じている。」
アルバート こういう輩がいるから内乱が終わらないんだ(ボソ)
ヴェリエル オレはこういう輩が大っ嫌いだ。貴族支配派は大嫌いだ。(ボソ)
グリゴーリィ 「もちろんですとも。お任せください」
ヴェルマー ジャンプシップからアウターリッジまでどのぐらいですか?
GM 片道だと1週間。
グリゴーリィ さっき言ったろ、私たちがたどり着いた頃に「さぁ出撃だ!」
   とかやってるんだよ、上手くいったとしても。
ヴェリエル (GMの)唇がニヤッと笑ったような気がしたけど
   「わかりました。なるだけ早くお願いします」
GM/ピゴッツィ 「わかった。急がせるが、部下の口ぶりからするとちょっと期待できんなぁ」
グリゴーリィ 「了解いたしました」
オスカー 周りを甘ちゃんだなぁ、みたいな顔で見渡して
   「ほんなら、現地での指揮はどないしますのん?」と聞いてみる。
GM/ピゴッツィ 「ジャンプシップに留まる我々が指揮を執ることを可能だとは思っておらんよ。」
ヴェルマー 「では、我々に指揮権を一任してくださるということですね」
GM/ピゴッツィ 「うむ。もちろんだとも。
    ただし、君たちの名前で報告書をあげてくれたまえ。
    おそらく、君たちならば全ての敵を粉砕して
    意気揚々と帰ってくることができるだろう?」
グリゴーリィ 私の階級を上げてもらいたいんですが、一時的に。
GM いや、同じ階級で。特に上げてはくれない(笑)
ヴェリエル 上げてくれないんだと、そういう命令書が無いと
GM 命令書は送ってくれるよ、さすがに。
   ただ穴があるかもわからんから、チェックしてね。
ヴェリエル それは、チェックするぜ。
   ハッ!「チェックしなきゃ」とか言ったら言いだしっぺに恐ろしい責任が!
ヴェルマー な、る、ほ、ど(そういうイベントか……?)
GM (察して)いや、チェックするって宣言だけでいいよ(笑)

グリゴーリィ 階級上げてもらえんかった。命令書が送られてきた。
アルバート ま、しょうがないよ。少佐の証明さえあればいいや。
ヴェリエル 従ってくれるといいな
GM はっきり言ってこの、電子媒体でしか送られないので。
オスカー 誰か、<コンピューター>で判定するヨロシ。
ヴェルマー <コンピューター>は持ってはおりますが。
   でも今いじるのですか?
GM 一週間あるからいじれるって噂なんだけどな。
グリゴーリィ 通信が切れるまで、敬礼。直立不動。
オスカー 「あーそういやちなみに、
    ワイはヤバそうなときは勝手に出発してエエんですかね?」
GM/ピゴッツィ 「君たちで相談してくれたまえ」
オスカー 「わかったアルよ」
GM/ピゴッツィ 「輸送までが君の任務だからな。」
GM としか言わんけどね。ピゴッツィ伯爵は。
アルバート 帰りの輸送も任務じゃないんスか?
ヴェリエル マ、マジで?
アルバート じゃあ今契約しましょう(笑)
ヴェルマー まぁオスカー殿の話はそのうちでするとして、
   「早く中隊長殿もいらっしゃらなければ、敵がいなくなっていても…」
オスカー 挑発的だ、この男。すげえ!
ヴェルマー 「中隊長殿の功績を我々がとってしまってはいけませんので」
アルバート ボク知らないッスよ〜♪
ヴェルマー 「できるだけ早く来ていただけることを、望んでおります」
グリゴーリィ おいヴェルマー、責任取るの私なんだぞ。
一同笑
アルバート 確かに(笑)
ヴェリエル オレはちょっと驚愕した。
オスカー ヴェルマー少尉にはちょっとついってってもいいかも。
アルバート ボクはあさっての方向を向いている。
   ボクはあさっての方向を向いている。(ブツブツ)
GM/ピゴッツィ 「ヴェルマー=コントロ君か。うむ、君の名前は覚えておこう。」
ヴェルマー 「では、中隊長殿がいらっしゃる事を心よりお待ちしております」と言って敬礼しておきますかな。
オスカー ちょっと助けた方が
グリゴーリィ 一応「申し訳ありません、中隊長。部下が出すぎた真似を」
GM/ピゴッツィ イザーク家もやはり成り上が…いやいや
グリゴーリィ 「なに、責任を取るのは私です。お気になさるな。
    次には吉報をお届けいたしましょう」
GM/ピゴッツィ 「うむ、待っておるぞ。」
GM と言って、これで通信を切るかな。
グリゴーリィ 切れた、と。ふう。

<壁に耳……あり?なし?>


ヴェリエル クソ貴族共め!
グリゴーリィ ま、ま、ま。コツコツとヴェリエルのところに歩み寄って耳打ちしましょう
   「盗聴器があるかもしれん(ボソ)」
一同笑
ヴェリエル 「すんません」
アルバート ボクはそれに聞き耳を立てて盗聴器があるかもしれん、と言われて
ヴェリエル (能天気に)じゃあ、盗聴器も探そーぜー
グリゴーリィ それを口にしてはいけない!
GM ん?それは行動宣言だろ?さすがに
グリゴーリィ いや、PC台詞っぽかったんで思わず「盗聴器も探そーぜー」って
ヴェリエル そりゃ行動宣言だって!台詞で言ってたら馬鹿だろ。いくらなんでも。

#ナアナアで済ますとトラブルになりかねないですよね。こういうのは。双方気をつけないと。

オスカー いいけど下手するとウチの乗組員に「何しよねん」言われるで。
ヴェリエル 派手に家さがしするわけじゃないし。で、実際にあるの?
オスカー っちゅうか、盗聴器が仕込まれてるとしたら、君らに付随してるものやと思うアルよ。船っちゅうよりは。
ヴェルマー オスカーさんの個人所有物ですからね。
アルバート いくら軍といえども、そこまでは守って欲しいッスわ。

#ハイド設定持ちが何を言ってる(笑)

GM さすがに、船自体に仕掛けられてるというよりは、
   君たちの身辺を洗った方がいいかな、って話だね。
グリゴーリィ 荷物を調べましょう。
ヴェリエル 任務中は発言には気をつけるべきだな。
アルバート ってか、庶民の信用をなくすよりは、
   兵士に盗聴器をつけるほうがいいだろう、と言う話ッス(笑)

GM という話なんで。
   もし見つけたければ<補修・整備=一般>で判定して達成値を教えてください。
   基本的に判定は、全部達成値を教えてください。
   こちらから修正があるときは言います。ハイドのときは言わないけど。
グリゴーリィ 達成値っていうと「2d6の出目−目標値」ですか?
GM そう。いくつ成功/失敗したか言ってね。
オスカー で、君ら、盗聴器探しに行ったアルか。ワイを放っといて(笑)
ヴェリエル 探すかどうか、行動宣言の前に、話はしますけど
ヴェルマー 「ではオスカー殿、すいませんが命令書を確認したいので、
    コンピュータをお貸し願えますか?」
オスカー 「エエよ。しかし、えらい話やな〜。3倍もの敵を撃破できるとかって。
    聞いた事無いアルよ、そんなの。」
GM いや、あるとすればアレですね。
   30倍の敵相手に……という数十年前の伝説が残ってますねぇ
オスカー まぁ(笑)
アルバート 何の話やねん、と言わざるを得ないッスね。
ヴェルマー 敵が残っていれば、それは中隊長殿が来たときに
   「中隊長殿に残しておいたのですよ」と言うだけのこと。
オスカー 「ああ。そういえば君らの一族はアレだったアルか。なんでも30倍の敵を相手に戦った英雄の一族だとか」
グリゴーリィ 「ああ。それの末裔さね。」
オスカー 「ほえ〜、どんな事をしたアルかね?興味あるんやさかい」
グリゴーリィ 「正直に言って、私の代になると良くは伝わっておらん」
オスカー 「(残念そうに)はぁぁ。そうアルか。」
アルバート 「なんか、秘密とか無いんスか?」
グリゴーリィ 「私の爺さんは、『何も秘密は無い。修練あるのみだ』と言っていたよ」
GM ニコラス翁はそう言ってたかもしれん。
アルバート 「30倍の戦力を相手にするなんて!そんな、人間じゃないッスよ。」
グリゴーリィ 「なに、かつてのフィンランドにシモヘイヘという狙撃兵が居てな。」

ヴェルマー とりあえずワタクシはその間にコンピュータをいじりに行きますぞ
アルバート ボクはしかし、やる気がないので、何もしないな。
GM じゃあまず、コンピュータの方を先にやろう。
オスカー せやったら、ブリッジまで一緒に行ってやな。
   惑星地図見ながら着陸地点の再選定を始めとくで。
ヴェルマー 命令書を確認しましたぞ
GM あちこち書面が甘いので、修正せなアカン、と。
ヴェルマー 〜っと、適当に修正してはまずいんですよね、多分。
GM 現地で見せる分には大丈夫だと思うけど、その後何言われるかは知らない。
ヴェルマー (嘆息)
ヴェリエル だから、再送してもらうように要求するんだ。
ヴェルマー ちゃんと上に連絡せんとな。
   朱を入れて校正して、こういう風に送り直してください、と。
GM しばらくしてから、ぶっきらぼうに返信が返ってくる。ちゃんと直ってるよ。
オスカー まあ、そこで懇切丁寧に返信返ってきても困るかな、と(笑)



次回第1話(2)に続く
リプレイ > メックウォリアー | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks