[メックリプレイ]第1話(7) 〜高潔なはずがこの疑惑は酷い〜

多分今年最後のリプレイ更新になります。
 
前回までの記事はこちらへどうぞ。
第1話(1)へ
第1話(2)へ
第1話(3)へ
第1話(4)へ
第1話(5)へ
第1話(6)へ
〜忘れてたことが〜

 
オスカー 「一応現地のHPGに連絡しろ」とは言わへんな、まだ。
GM 部下の判断に任せる?
オスカー 「ここの乗員で何とかできそうな状況なら連絡するな」やな、むしろ。
GM じゃあ連絡しないと思うけどな。少なくとも、オスカーの判断を仰ぎたい。
オスカー 「場合によってはここの制圧も必要かもしれへん」というぐらい。
GM はいはい(笑)それはわかっておりますとも。
   どちらに転んでも、というのはね
GM/部下 「では御武運を。ブレイク・ブレス・ユー」
オスカー 「ブレイク・ブレス・ユー」
   やっぱりまともな集団やないな(笑)
一同笑
(居ないはずの)アルバート コムスターだしな(ボソ)
 
〜配役が大事〜

  
ヴェルマー しかし、そんなことは気にせずにメックを配置して、街に行きますぞ。
GM じゃあメックを適当に隠して、そこから車でブロロっと
オスカー はい
GM ところでどんな格好?みなさん
ヴェルマー 村人Aのつもりだったけど
アルバート ボクは村人Aってどんな格好?って兵士に聞いてる
オスカー しまったな、ワイだけは商人でござい、でもよかったんやんか。
GM いいんじゃない?
オスカー まあいいや。
GM 村人Aが5人も居るだと!?
アルバート おら、こんな村〜いやだ〜♪とか言いながら、
   都会さ〜出るだ〜♪と
ヴェルマー 大量に居ていいのかな、と若干思いながらも
オスカー まあ村を代表しての買い付けとかだろ。
ヴェリエル 村の代表だったら4、5人いると思いますよ
GM 別に4、5人居たって、不自然じゃない
   というかこの、でっかいものを買い始めると
ヴェリエル トラックまで運ぶのに人足が要るから
ヴェルマー 率先して運転したのですが<操縦=車両>など持っておりませんので
   いざというとき逃げられませんぞ。
ヴェリエル 持ってて6ですよ。(手の中で振り始める)
ヴェルマー じゃ、お願いしまーす。ヴェリエルさん。
GM いやいや、特にどうという事のない道なので、判定は不要です。
   逃げるとか、明らかに悪路をスピード上げなきゃいけないときとかにお願いします。
 
オスカー あ!ちょっと待った。全員村人Aでは良くない。
   村長の息子、雑貨屋の店主……
GM 後は?
アルバート 小間使い。
ヴェルマー どうしようかな、村長の〜〜
グリゴーリィ 村長の食客とかでもいいんだよ、そこ
ヴェリエル 今回買い物に来たんだから、人足でも全然問題ないはずです。
オスカー じゃあ長男、次男、友人、人足、雑貨屋店主。
GM はいはい。ていうか、こんなしょうもないこと決めんのに時間かけんな(笑)
グリゴーリィ では、笛でも吹きながら
アルバート おら、こんな村〜いやだ〜♪
GM いいよ、街に出てきて、べこ買って帰れよ!
グリゴーリィ ピ〜ヒョロー(笛を吹いているらしい)
ヴェルマー と言って、笛を取り上げた。
GM あかんなぁ、こいつらの掛け合い見てたら飽きない。
   そして、止めたくならない(笑)
 
#時間管理もGMの仕事なんですけどね。
 
ヴェルマー とりあえず行ったぞ。
ヴェリエル なんでオレたちこんなことやってんだろ(笑)
 
〜潜入の第一関門〜

 
GM じゃあ街の入り口あたりで検問があって
GM/検問所の番兵 「おーい止まれ止まれー」
オスカー 一応地名とかは覚えておくアルよ。
GM それはOKですよ。
ヴェリエル キキィーッ(ブレーキを踏んだらしい)
GM/検問所の番兵 「お前たちいったい何しに来た?」
   とやる気無い声で兵士が制止します。
GM 制服を見ると、現地政府軍ですね。
オスカー 「ゴニョゴニョ村から買出しに来ましてん。」
GM/検問所の番兵 「そりゃまた、えらく遠くからだな」
オスカー 「だからこんだけ人足が要るんですわ、
    めったに来れまへんからな」
GM/検問所の番兵 「街の中は今ピリピリしてるから気ィ付けろよ」
アルバート 「兵隊さん、何かあったんスか?」
GM/検問所の番兵 「ライラの奴らがな、解放軍だ、
    つって城やら宇宙港やら占拠してんだよ」
アルバート 「戦争ですかい?」
GM/検問所の番兵 「まぁ俺たちにとっちゃあ、
    どっちが統治しようが大した違いは無いしな」
オスカー 「わしらにとっちゃ、もっと関係ないですよ」
GM/検問所の番兵 「まったくだ。ハハハ」
グリゴーリィ 兵隊さんにタバコでもあげましょう
ヴェルマー そんなものありませんぞ(きっぱり)
グリゴーリィ え?タバコぐらいあるでしょ。
オスカー 持っててもエエけどどっちの方が文明レベルが高いと思っとるんや?
   村人と現地軍の兵士と。
アルバート アメ玉にするッスよ、アメ玉。
ヴェルマー アメちゃん?
GM どこのオバハンやねん(笑)
 
#村の設定次第だと思いますがね
 
オスカー せめて、「これ通行税です」ぐらいのね、現金だよせめて。
ヴェルマー 「いつもお疲れ様でーす」と言って、チップチップ
GM じゃあ、受け取ったチップを懐にしまいつつ
GM/検問所の番兵 「あまり、繁華街に近づくなよ」
アルバート 「なんかあるんスか?」
GM/検問所の番兵 「ライラの兵士がたむろしてっからな」
ヴェリエル 了解したぜ。
オスカー おおきにー。
GM というような危険情報を教えてくれたよ
アルバート じゃあ繁華街に行ってみるッス(笑)
 
〜高潔なる騎士現る〜

 
ヴェルマー 車を転がしつつ街へ入りましょう。
GM じゃあ、何を買い付けに来たのやら、っていうイナカッペ丸出しの5人組って感じ?
ヴェリエル うひょー都会都会(笑)
GM そうですね、大通りを巡回してる兵士なんかは、
   それなりにまだやる気は残ってる。
オスカー ふんふん
GM 疲れてはいるけどね、結構ピリピリしたままだし。
ヴェルマー おつとめご苦労様です。
GM まあ真面目な連中といった感じだね、大通りの方は。
   繁華街と言われると、もちろん裏通りとかもあるわけで。
オスカー ガラの悪いのが酒飲んでクダ巻いてる?
GM 路地裏で、もうね。
   酔っ払ったライラの兵士3人組とかが、適当に暴れてる・絡んでるって感じ。
アルバート 威張り散らしてやがんな、こいつら
 
GM で、まあそうさね。君たちの存在に気づいたのか、
GM/ライラ酔っ払い兵士 「あ゛?何見てんだ?」
アルバート ひぃ、ごめんなさい。
オスカー こりゃ、失礼しました。
GM 車を動かせば逃げれるけど。
アルバート 「ひぃ、兵隊さんごめんなさい。逃げろ!」
とかそんな感じ。
GM/ライラ酔っ払い兵士1 「あ゛?逃げんな」と。
   アサルトライフルを向けるけど、
GM/ライラ酔っ払い兵士2 「おいおい、よせよ」
   さすがに他の兵士が銃口を下げさせる、とかそんな感じ。
オスカー さすがに通りで撃つわけにはいかないだろ
アルバート 兵隊怖い兵隊怖い
GM とか、そんなのがいくつか見れるわけですが、
オスカー しかし、特に変わった風景でも無いからな、
ヴェリエル 荒れてきてるな。

GM そんなのが3回目ってぐらいで、今度はやたら近くで鉢あってしまうかな。
GM/ライラ酔っ払い兵士3 「俺たちの顔に何かついてんのか!?」
オスカー じゃあまあおべっかでも使う?
アルバート そうッスね。
GM サッと前後に回りこんでるんで、
   そのまま抜け出そうとすると、こいつら轢いちゃうね。
オスカー 「いや、きれいな目と形の良い鼻が」
 
#とっさとはいえ、何を褒めてるんだ(笑)
 
アルバート 「へ、兵隊さんの、お偉ぇ顔を、そう、拝んで、拝んでいただけなんで。
    お、お許しくだせぇ」
GM/ライラ酔っ払い兵士3 「あ゛、褒めるんなら、ドモるんじゃねぇよ!」
GM と、胸倉を掴み始めるところで、後ろから
オスカー NPCが出てくるのか(笑)
 
#メタんな(笑) その通りだけど。
 
GM 後ろから青年将校といった風情の男が
GM/青年将校 「貴様!そこに直れ!それでも高潔なるライラ軍人か!」
ヴェルマー 何か出てきましたな。
アルバート そうだそうだ!
ヴェルマー 言わないで。言わないで。怒りの矛先が(必死)
アルバート 言わない言わない。PLがつい言っちゃったッス(笑)
オスカー むしろこれは、なんか偉いの来たな
グリゴーリィ あの方ですか(NPCリストを見ながら)
GM ヴェリエルとヴェルマーの二人は見覚えがあるんだよな、
   ジェラルド=ハインリッヒです。
オスカー (笑)
 
#ちなみにジェラルドはこんな人です。

ジェラルド=ハインリッヒ(28)
 "英雄"の"宿敵" となるライラ共和国のメック戦士。"英雄"の所業を伝え聞いている人物、だが本国はそれを取り上げてくれない。

 
ヴェリエル ちょっと待ってくれ。メックに乗ってても、顔って見えんのか?
GM ああ、資料に顔写真入ってるし。
オスカー 向こうにも顔写真入りの資料が渡ってるで。
GM 変装してるやん、君ら。
   現れたのは、ジェラルド=ハインリッヒ、その人でございますが
アルバート 「お偉ぇ軍人様だー」
オスカー 「お堅いひとやなぁ」ぐらいの
GM 絡んでる素行不良な3人の歩兵たちを
GM/青年将校改めジェラルド 「ライラ軍人がどうあるべきか、わかっているのか!」
GM という説教を始めつつ
GM/ジェラルド 「すまなかったな。これから我々が統治するというのに、
    上に立つものがこんな事では申し訳ない。」
ヴェリエル え、こんな性格だったんだ、と思いつつも
   「助けてくださってありがとうございます」
GM あまり君たちの顔を認識してるわけではない(笑)
 
#車の中の暗がりだから拙い変装でもOKってことにしました。
 
オスカー 「ようしてくださいよ、頼んますから」
グリゴーリィ 「立派な方がいらっしゃるというだけで、私ども民草は幸せでございます」
ヴェリエル と言いつつもあまり目立たないようにしようぜ(笑)
アルバート 「そうでさぁ、そうでさぁ」
オスカー 「頼みますよ、良くしてくださいよ。なにせ前から税が高くてねぇ」
アルバート 現政権の文句をちょっと言ってみるッス。
GM あまり演説ぶったことは言わないけど
GM/ジェラルド 「我々が統治した暁には、
    君たちにも良い暮らしが待っていることだろう」
ヴェルマー 「それはありがたいこって」

ヴェリエル ジェラルドって青年将校って歳だったの?
オスカー ヴェルマーぐらいには年齢いってるのかな、と。
ヴェルマー たしかに、ワタクシぐらいには。
GM もうちょっと若いですね。30手前かな。
ヴェルマー もしかしたら、こやつの先代の顔を知ってるかもしれませんな(笑)
 
#いわゆる70年代からのお約束。少佐は20代ってやつです。
#J・B・バンコ○ンとかクラ○ス・フォン・エーベルバッハとか。
 
GM ジェラルドは見てのとおりの生真面目さ加減ですね。 あとは、そうだな。
GM/ジェラルド 「キャロライン嬢ならば、君たちの暮らしをもっとよくしてくれるだろう」
オスカー 「あの可憐なお姫様がですかい?」
   可憐な、というか幼いという意味を込めてみるで。
アルバート 「キャロライン様、まだ10歳だったはずじゃ」
GM/ジェラルド 「ああ。だが、父君の行方不明を受けて、アウターリッジの治安が
    ますます悪くなる一方であるという事に心を痛めていてな。
    彼女は統治権を継承する事を心に決めたのだ」
ヴェリエル 脅しじゃなくて、説得だったの?
GM ん?ジェラルドの認識としてはね。
ヴェリエル 一応名目上は説得か
GM/ジャラルド 「ただ、早くに彼女を支えてあげられる者が
    出てこなければならない。とは思っているがね」
ヴェリエル 「直接お見かけした事は無いのですが、
    実際お会いになったことはあるのですか?」
グリゴーリィ その目に宿るのは恋の炎であった(ボソ)
オスカー それはさすがにロリコンの烙印を押してまうな。
グリゴーリィ 一応目の色を見てみましょう。
GM <交渉=外交>で判定したまえ。
アルバート ヒドイ、ロリコン疑惑(笑)
 
#絶対出てくるとは思ってましたけどね、この台詞が出てきたら。
 
グリゴーリィ 単に言っただけなのに。<交渉=外交>持って無いけど。
   (コロコロ)あ、成功した。
オスカー 0成功らしいでんな。
GM とりあえず、恋の炎とまでは言わないが
ヴェリエル Knight Syndrome ?
GM お鉢が回ってくるかも、という感じ。
オスカー (笑)
アルバート ロリコンの気はあるッスね。まだ断定はしないけど。
ヴェリエル “保護欲を駆り立てる”と言えばいい。
アルバート 妹萌えなのかもしれないッス。
グリゴーリィ 単に権力に関心があるだけかも。
 
#そんなにキレイなNPCが許せんのか、お前ら?(笑)
#そんな戯言は置いといて、White Knight Syndromeはこちらとかこちら(英英辞書)。でもヴェリエルが指摘してるのは、むしろMadonna Complexっぽい(ウィキペディア英語)。
 
ヴェリエル 気を取り直して「お会いになったことはあるんですか?」
GM/ジャラルド 「うむ、二度ほど、というところか。彼女と直接に話す機会はあった。」
ヴェルマー へー。
GM/ジャラルド 「ただ我々、現実のメック戦士ではなく、伝説上の」
オスカー しかも、あの忌まわしい、とかつくんやろな。
GM/ジャラルド 「あの“無法者”ヴィルヘルム=イザークのサーガなどを。
   まあ、この惑星アウターリッジがヴィルヘルムのサーガの出発点だからな。
    それは無理はなかろう、とは思う。だが、あのような!」
オスカー ちょっと待って、えーと。
   この宿敵関係はいつぐらいからやったっけ?
GM 宿敵関係はイザーク家が男爵位をもらったときかな。
オスカー はいはい。
グリゴーリィ 下らぬ男よ。
オスカー 男爵位をもらったときの向こうの連隊に実はこの、
GM ハインリヒ家の誰かが居たわけです。
オスカー なるほど。で、そのときの所業をして、無法者と呼んでいる、と。
ヴェリエル 無法者と聞いたら、「そんなに悪い事したんですか?」
   普通に聞いてみっか。
オスカー 「あの“英雄さん”がですかい?」
GM/ジェラルド 「……、いや、君たちには関係の無い話だったな。忘れてくれ」
ヴェリエル 「そ、そうですか」
オスカー 「は、はぁ」としか言いようがないわけやけども。
ヴェリエル 無法者……か。
アルバート あの英雄がねぇ。
GM/ジェラルド 「君たちの土地の有名人をわざわざ汚す事はなかったな。
    すまなかった」
オスカー なんて分別のあるお人や(笑)
   なんでこんなに敵にばっかり良い人がでてくるんやろ(笑)
 
#いや、融和政策の足がかりですし。こんなもんでしょ?
 
GM/ジェラルド 「君たちも用事があるだろう。そろそろ行きたまえ。」
オスカー 「ありがとうごぜえますだ。」
GM という感じで、ジェラルドとは別れるって感じかな。
   ジャラルドは部下3人を小突きながら帰ってくよ。
ヴェリエル じゃあ十分遠のいたところで。
グリゴーリィ 「ふぅ、危なかった」
ヴェリエル 「ジェラルドとは、あんな男だったのですね」
アルバート ちょっとヒヤヒヤしたッス。
ヴェリエル 「写真でしか見たことはなかったが、あんな性格だとは思わなかった」
リプレイ > メックウォリアー | comments (1) | trackbacks (0)

Comments

ボブ | 2011/12/22 06:23
珍しく早起きしてブログを見る。
うむ、こういう比較的どうでもいいやと判断した場所では本当にどうでもいいことしか言わないな、私。

Comment Form

icons:

Trackbacks