口は災いの元

システム:クトゥルフの呼び声 GM:マソバソアソ

4/8の2部に行われた新歓セッションのレポートです。

PC1:江藤平助  (PL:新入生H)
探偵。江藤探偵事務所の所長をしている。

PC2:山下虎太郎 (PL:新入生T)
探偵助手見習い。高卒ですぐにPC1に弟子入りした。空手もどきの武術の使い手。

PC3:紺野春輔  (PL: Nyakki)
江藤探偵事務所に入り浸るチンピラ警官。自分の仕事を放り出してPC1に付き添う。

PC4:岩木龍介  (PL: crowbar)
元陸自の探偵助手。凄腕のハッカーで探偵事務所のネット担当。

PC5:渡瀬芳司  (PL:ふぇる)
元医大生の探偵助手。演劇経験を活かして変装するなど色々できる。
ある日、PC達が所属する江藤探偵事務所に依頼が舞い込む。依頼者は大学生の大須賀かなみ。依頼は、恋人の千田治という大学生と3日前から連絡が取れなくなっており、彼を探してほしいというもの。なんでも、千田は以前からネットに過激なおふざけ動画を投稿しては炎上させてきたらしく、何かトラブルに巻き込まれたのかもしれないという。

早速山下ががネットで千田のことを調べると、千田の投稿した動画が見つかる。どれも旅動画と称しては、出かけた先で過激なことやくだらないことをやる、といったふざけたものばかりだった。また、千田のツイッターから、車で4、5時間の距離にある植紙木町という町に撮影旅行に行ったらしいことがわかった。そこで渡瀬が植紙木町のホテルに片っ端から電話を掛けると、千田が泊まっていたホテルが見つかる。どうやら3日前にチェックインした後ホテルに戻ってきていないらしい。PC達はキャンピングカーを借りて植紙木町へ向かうことにした。

ホテルで千田が泊まっていた部屋を捜索すると、宿泊用らしきキャリーバッグとノートパソコンが見つかった。岩木がコンピューター技術を駆使してパソコンのデータを読み取ると、千田の旅行予定がわかった。大福寺というお寺、商店街の衣料品店、飲食店街のハンバーガー店をめぐる予定だったらしい。

PC達が予定経路に沿って大福寺、商店街と調査すると、千田がそれぞれの場所で動画を撮影しようとしてトラブルを起こしていたこと(お堀に飛び込む、商品のアクセサリーを勝手に付け替える、etc...)、最近町で行方不明者が出ているらしく、警察が注意を呼び掛けていることがわかった。そこでPC達は別れて警察署と飲食店街へ。警察署で紺野が話を聞くと、ここ1か月で5人行方不明者が出ていること、そのうち4人が浮浪者で、1人が上下水道局に勤める男であり、その男は上下水道の点検中に行方不明になったことがわかった。一方飲食店街では、千田が最後に訪れたらしいハンバーガー店「MAXバーガー」で聞き込みをすることに。すろと、スキンヘドの店主が一人でやっているにも関わらず、ハンバーガーを食べていると中から髪の毛が出てきた。MAXバーガーは様々な肉をブレンドしたパテが売りらしが・・・。

不審に思ったPC達は、飲食店街の防犯カメラの映像をハッキングして千田のその後の足取りを追うことに。店で渡瀬達が騒ぎを起こしている間に、岩木が作ったハッキング装置を江藤がこっそり仕掛けることに成功。防犯カメラの映像を見ることが出来た。映像を調べた結果、MAXバーガーから千田が出てきていないことがわかり、PC達はさらに疑惑を深めることになった。

MAXバーガーが怪しい、ということで、PC達はMAXバーガーに潜入する機会をうかがいつつ、浮浪者に聞き込みをすることに。浮浪者の話によると、近くの路地裏で寝ていたやつと、飲食店街に深夜残飯を漁りに行ったやつがいなくなったらしい。また、飲食店街の裏で大きな袋を担いだ怪しい人物を見たという証言も。いなくなったやつが寝ていた路地裏を調べると、マンホールの蓋がずれていることに気が付く。マンホールの下に思いを巡らせつつも、とりあえず飲食店街の裏を見張ることにした。

見張っていると、深夜、腰の曲がった怪しい人影がMAXバーガーの裏口に現れ、中から出てきた人物から袋を受け取っていた。その腰の曲がった人物を追跡すると、近くのマンホールの中に入っていった。さらに近くの川のほうから人の悲鳴が。どうやら悲鳴は川に続く暗渠の中から聞こえるようだ。暗渠の入り口には謎のヒヅメの足跡が。意を決してPC達が暗渠を進むと、奥のほうにうずくまる人影が見える。ライトで照らすと先ほどの腰の曲がった人物のようだ。しかしこちらを振り向いたそいつは人ではなかった。口から肉片を滴らせた、ゴムのような不快な皮膚を持つ犬のような化け物だったのだ!しかもそいつはうずくまって人の死体を食っていた!が、そんな化け物を山下がなんとキック一撃で仕留めることに成功。そしてそいつの死体と混迷状態に陥った紺野を運び、途中から現れた化け物の追手からなんとか逃げおおせたのだった。

翌朝、PC達は化け物の死体を持って警察へ行き、事情を話してMAXバーガーの店主を任意同行してもらうことに。その間に江藤がMAXバーガーの裏口の鍵を開けて中に潜入。厨房のゴミ箱から千田のリュックサックとカメラを発見した。映像を見ると、千田はハンバーガーに歯が入っていたことにクレームをつけたことで、店の奥に連れ込まれたようだ。また、厨房の一角に地下への隠し階段があるのを見つける。下りてみると、加工場のような部屋があり、赤黒い染みが部屋中に広がっている。そして奥にある業務用冷蔵庫を開けると、中には千田を含めた数人のバラバラ死体、そしてその一部がひき肉にされ、パテとしてずらりと並んでいた!この店では人肉バーガーを提供していたのだ!

決定的証拠を見つけたPC達は警察へ。逃げようとした店主も山下がキックで沈め、店主は御用となった。カニバリストだった店主は下水道に住む化け物と協力して人肉を入手し、提供していたらしい。その後、上下水道が一斉調査されたが、不思議と化け物の姿はどこにもなかった。

事件を一応は解決したPC達は、また探偵事務所での日々に戻った。しかし、ハンバーガーを見るたび、ふとあのハンバーガー店と凄惨な事件のことを思い出すのだった・・・


KPの感想
モンスターも殺すマーシャルアーツ・キックは恐ろしいとしか・・・
ホラー描写を楽しんでいただけたようでよかったです。
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks